撮りたくなる暮らし

TAG LIST

長崎

ハウステンボスで運河アイススケート!滑って冬のテーマパークを満喫

ハウステンボスの冬世界
運河アイススケートが開催中。普段は運河の場所が、一面のアイスに!
なかなか機会の少ないアイススケートが、楽しめるゾーンが登場。夜まで楽しめます。

イルミネーション輝くハウステンボスで、冬の楽しい時間を過ごしましょう。
ハウステンボスのアイススケートが知りたい人に、詳しく紹介をします。

 

2024冬スタート、運河アイススケート

ハウステンボスにアイススケートが誕生

期間限定で、冬だけ楽しめるイベントです。

 

アトラクションタウンに誕生した、スケートリンク

アトラクションタウンとアートガーデン間

運河の上に、スケートリンクが誕生

 

運河間を、白い1枚の氷のリンクとして楽しめます。

本格的な白銀の世界で、スケート

冬らしい風景です。

 

2月29日(木)までの開催

開催中で、2024年2月29日まで楽しめます。

11:00〜20:00までの時間
※土日は21:00までのこともあります。

詳しくは、ホームページを参照

 

最終受付は、30分前までになります。

 

利用料金は、800円

ハウステンボスの入場料金とは別

運河アイススケートには800円の利用料金が必要です。

 

運河のスケートリンクの奥で、支払いが必要です。

 

4歳児より利用可能

楽しめるのは、4歳児から。

未就学児には、18歳以上の保護者の付き添いが必要です。

 

また、12歳未満の方は保護者の同意が必要です。

 

楽しむための、マストアイテム

アイススケートを楽しむには、必要な準備をするものもあります。

家から持参すれば、レンタル不要なものもあるのでチェック!

 

必須のアイテムその1:手袋

アイススケートを楽しむのに、必須なアイテム

これがなければ、滑走できません。

 

持ち込みでも、レンタルでもOKです。

手袋は普段から使っているものを持参している人も多々。

持参がなければ、300円でレンタル可能

5本指のものを使用しなければいけません。

 

必須のアイテムその2:帽子

帽子も自分のものが使えます。

ニット帽子は自分のものが使えます。

 

ただし、レンタルセットにも帽子も含まれています。

このレンタルセットは、一定額

  • 帽子
  • 貸靴
  • 肘膝プロテクター

これが、利用料金に含まれています。

なので、ニット帽子は自分のものがイイ!という強い思いがなければ

レンタル物品でもオッケーです。

 

2つ入っていて、1つは厚めで中に

2つ目は、ニットで上から被る帽子です。

 

必須アイテムその3:プロテクター

プロテクターも、膝と肘ともに必須

大人も子どもも同じです。

 

これも、利用料金に含まれています。

1まとめのセットで受け取れます。

 

大きさが調整できるマジックテープタイプ

サイズはワンサイズで、マジックテープで調整できます。

必須アイテムその4:スケート靴

スケート靴も、利用料金に含まれています。

靴以外は、袋でワンセット

貸履は自分で、棚からサイズに合ったものを選びましょう。

 

子ども
2枚羽の滑走が楽にできるものがあります。

1枚もありますので、不慣れな子どもは2枚がおすすめ!

 

返却は、自分で棚に返しましょう。

 

びしょ濡れで、滑って楽しむスケートリンク

子どもと運河アイススケートを楽しみました。

スケートリンクは、中央に2名ほどのスタッフが!

 

ぐるっと、半時計回りに回るのがルール

柵をつかんで歩く人が多かったです。

 

運河アイススケートの、気になるアレコレ

Q1:滑れなくても楽しめるのか?

楽しめます。7歳の子ども、つこけながら楽しそうにしていました。

プロテクターまであるので、安心です。

 

Q2:荷物は?

大きな荷物や靴は、スケートリンクの周りにロッカーがあります。

鍵とタグだけで、手にはつけれません。

ポケットのある洋服で、滑るときはポケットに入れておく必要があります。

背中にリュック、バッグを斜め掛けのまま滑ることもできます。

あまり、見かけませんでしたが。

 

Q3:寒くない?

夜は特に寒いです。

周りには、業務用の暖房器具があります。

それでも十分寒いので、必ずダウンや防寒具の準備が必要です。

ポカポカの昼間はいらないかもしれませんが、夜は必須

 

Q4:時間制限は?

時間制限はありません。

滑りたいだけ、周りのベンチで休みながらも滑れます。

 

子連れの、これ必要!

子連れのスケート、夢中につこけながらも滑る子どもたち

着替えを持参した方が、便利です。

 

パーク内ですぐに戻れるホテルだといいですが

戻るのが面倒なら、パンツとズボンは替えを持参しておきましょう。

 

そのまま、パーク内を楽しむにはびしょびしょで寒いです。

大人は加減しながら滑れるので、問題ありません。

 

ちなみに、水上遊具のレンタルもあります。

受付とは反対側、スケートリンク横に貸し出しコーナーがあります。

  • 平日30分500円
  • 土日祝20分500円

見ていると、これがあれば転倒予防にも便利でした。

 

夜の運河アイススケートの風景

夜は、幻想的

氷上に映る、ライトアップも魅力があります。

観覧車をバックに

ドルトムンドをバックに!

背景次第で、撮れる写真もさまざま。

 

いろんな角度で撮影を楽しみましょう!

 

おすすめの撮り方

ブレないように撮影
①ビデオモードに設定
②ビデオモードで撮影スタート
③右下の白いボタンでビデオ撮影中にカメラ撮影
④撮影ストップ
⑤ビデオ撮影データを削除

普通に撮影をするよりも、楽にブレにくい撮影ができます。

試してみてくださいね!

 

ハウステンボスの運河の上で、アイススケートを楽しもう!

  • 2024年2月29日まで、ハウステンボスの運河アイススケートが楽しめる
  • ハウステンボスの入場料とは別に800円の利用料金が必要(手袋も必須で、持参もしくはレンタル料追加で必須)
  • 夜まで楽しめるスケートは、夜の幻想的な風景も魅力
  • 子どもも楽しめるが、冷えるために防寒対策と着替えがマスト

この時期だけの、ハウステンボスのイベント『運河アイススケート』を楽しみましょう。

 

ハウステンボスの記事は、こちらもチェック

コメント

この記事へのコメントはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連記事一覧

PAGE TOP
Verified by MonsterInsights