福岡天神リストランテクボツ。どれもが絵画のような世界のあるランチ。

先日天神の中心、岩田屋隣のヴィトンの入ったビルでランチをしてきた。
以前リストランテASOの時に行き、綺麗な料理と関心したあの時の記憶が更に増して今回のランチを頂くことになった
入り口には、スモークツリーとグリーンを使ったアレンジを見ながらお店に入る。
品がありながらも、子連れOKというくらい心も身体も落ち着いて過ごせる空間に今日のランチは大満足。
そう感じるこのお店、お勧めです。

リストランテクボツのお店概要

リストランテKubotsuは、リストランテASO(ひらまつグループの同地に以前営業していた店舗)の料理長が新しく2018年1月にOPENしたお店です。

美味しいものや美しいものでゆったりと心を満たしていただきたい」「九州ならではの伝統や文化、匠の技をもっと身近に感じていただきたい」という想いから各所に工芸品を採り入れました。
400年以上の歴史を持つ唐津焼、幕府への献上品としても選ばれていた博多織、見る方向や光によって万華鏡のように表情が変わる大川組子など、職人の手仕事がぬくもりと彩りを与えてくれます。

                リストランテkubotsuHPより

器やカトラリーも楽しめるお店の空間。季節の花も添えてあります。
この日は桔梗がそれぞれのテーブルに飾ってありました。

店舗情報

住所:〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2-5-55 レソラ天神 4F
TEL: 092-724-0600
FAX.:092-724-7788
営業時間:LUNCH- 11:30〜15:00 (13:30 L.O.)
DINNER- 17:30〜23:00 (20:30 L.O.)
定休日:毎週火曜日(祝日・祝前日の場合は通常通り営業)
西鉄天神駅から徒歩2分、福岡地下鉄空港線天神駅より徒歩5分
駐車場:なし

予約はどうすればいい?

電話予約も可能ですが、お店のHPからも予約ができます。
一休会員の方は一休からも予約ができます。

事前にコースを確認されますので、一緒に行かれる方と内容を決めてからの予約をお勧めします。
メニューは3種類、詳しくはサイトを確認してください。

運ばれてくる料理の見た目に、圧倒。食べたくない、撮りたい。見てたい。

今回私が選んだのは、3種類のコースの中の真ん中のお値段のコースです。
6,000円にプラスサービス料と税込で7,458円。
いいお値段ですが、十分楽しめる内容でした。

一番びっくりしたのは、鮎が川を泳ぐ一皿。

「日田産稚鮎のフリット かもさんの虎太郎スイカのガスパチョ」

実際の料理はお店で見て欲しいので、横からの写真だけ載せています。
運ばれてきたものを上から見ると、川の流れに沿って並んで泳いでいる鮎の様子が楽しめます。
夏を前にして、涼しい川の様子を想像できます。
それに水の綺麗な日田の鮎・・・どんな風に暮らしているんだろうと空想できるような素材。
素材にこだわるクボツだからこその、魚選び。

それから、トマトとスイカ・・・これがまたいいガスパチョの味を出すんです。とっても美味しい‼︎この組み合わせで、合う。
意外でした。

ポタージュ?トウモロコシを十分に楽しむ一皿

「田中さんのとうもろこしのポタージュ 自家製リコッタチーズ ピスタチオの香り」
見た目の綺麗なポタージュ。
店員さんの演出もあります。
お花畑のような、ポタージュはコーンの粒の部分もあり1皿で色んな楽しみ方のできるポタージュです。
香りもとっても良い!!

エディフルフラワーが装飾に使用されているだけで、テンション上がりますね!!

メインはお肉もお野菜も存在感アリ

「天野商店の古処鶏 2種類の調理法で ザニン農園産のズッキーニと」

またこれが美味しいんです‼︎
鶏も良い仕上がり。とってもジューシー‼︎
鶏も炭焼きとつくねの2種類で味わえるのがお得感あり。

ズッキーニも肉厚。ソースに合わせて食べると、ここに来て良かった〜と感じます。それも私の住んでいる糸島のザニン農園のお野菜を使用してあるところがとても嬉しく感じます。
海外の絵画のような、ソースと鶏の串の交わりのライン
そこに出汁の効いたライス・・・
食べるのが本当に勿体無くて、ずっと見てたい衝動に駆られるような時間を過ごしていました。

yellowgreenとbrownこの色の組み合わせこれがまた惹かれるデザイン性を強く感じました。
食べ物の見た目は、とても大事な気がします。

デザートは遊園地のような夢の空間

デザートの盛り合わせは、これもまたあえて全景を載せずにいようと思います。

行ってから楽しんで頂きたい。

ただ、一番目についたのが観覧車のようなドライパイン
これも食べましたが、ドライも美味しいです。
あとは、季節の紫陽花がプレートに添えてありましたが
グラスの中は、紫陽花に見立てたゼリーも‼︎
上から覗くと、ブラウンの紫陽花なんですがスプーンに乗せると綺麗な紫‼︎
色も楽しめて、味も楽しめるデザートプレート。
以前のお店、ASOに7.8年前に伺ったことがありますが
その時の懐かしいグラスの中に、紫陽花のゼリーがありました。
奥には、スコーンなんかも。

こちらに載せていないゴーヤとゴルゴンゾーラ風味のスパゲティーも美味しく感じましたし、またアート。
それから前菜の小さなアミューズは、一番最初の画像になりますがこれだけでワインを食べたい‼︎
アミューズはお持ち帰りできるメニューだそうです。
伝統工芸の器がまた魅力的で2皿目からとは違った世界観がありました。

この料理たち、撮りたくなるのは当たり前のこと。
違うテーブルからカメラの音が何箇所も聞こえてきました。

味も美味しいので、そちらも楽しむのも前提ですが。

天神リストランテKubotsuでランチのまとめ

  • 天神の真ん中で特別な日に楽しめるリストランテkubotsu
  • どの皿もアートになる料理で、フォトジェニックでついつい撮りたくなる
  • 予約はホームページからも一休からも可能
  • 素材へのこだわりも強く、良いものを生かした料理の数々
  • お店の空間としてのディスプレイやカトラリーも魅力的で話題性がある

特別な日に、記念に残るランチで伺いたいお店だと思います。
季節を、素材を、空間を楽しめるリストランテkubotsuに行ってみてください。

洋より和の気分と思う人にお勧めのランチはこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。