福岡のカウンター。やま中で今夜は決まり!お鮨だけで幸せなディナー。

福岡にもお鮨の人気なお店がたくさんある。だが、私はここのリピーターになりたい。
東京でも、オバマで話題になった銀座久兵衛にも一度行ったことがある。
だが九州人で甘い濃口の醤油の文化の私は、そんな醤油で食べたいお鮨を食べたく感じた。
そして、そんなお鮨をやま中で頂きたい。
関西圏の人も九州に来たら是非、福岡のお醤油でやま中のお鮨を食べて欲しい

安くても絶妙に美味しい福岡のJA物産館のお寿司の記事
伊都菜彩で今日は何を買おう?特上握り狙い‼︎今日はお鮨で決まり‼︎も注目。

やま中というお鮨屋さん

福岡に5箇所のお店を持つお鮨やさん。
昭和47年創業以降、ファンがどんどん増えてきている。
やま中本店に入ると、立派な1本ヒノキのカウンター。10mくらいあるそうです。
その空間がまた気持ちがいい。

昭和47年創業以来、博多の寿司といえばはずせない、全国の食通が通い込む「やま中」と言っていただけるまでになりました。
お店では玄界灘をはじめとする近海物の魚介類と、磨き抜かれた料理人の腕が、華麗なる美味の競演を繰り広げます。
伝統に根ざした日本料理と侘びの奥深さ、寂びを感じる情緒あふれる佇まいで至福の時間旬の潤いを感じる和食の奥深さをご堪能ください。

やま中HPより

やま中本店お店情報

住所:福岡市中央区渡辺通2-8-8
電話番号:092-731-7771
営業時間:11:30〜14:00、17:30〜22:00(LO:21:00)  
定休日:日・年末年始・お盆

1階にはカウンター席がずらっと並ぶのと、後方にはテーブル席もあります。
2階は個室で使用する人数に合わせての部屋の準備をしてもらえます。
私はお食い初めで利用したのと、子どもが小さい時には個室の2階を利用しました。

いずれも、事前電話予約は必須だと思います。飛び込みでは、ほとんど空いてないです‼︎

本店以外のお店情報と、どのやま中がスタイルに合う?

一番近くでホテルニューオータニ店、同じホテル内で言うとオリエンタルホテル福岡博多ステーション店
駅ビル内JR博多シティー店、JRいっぴん通り店があります。

本来は、本店カウンターをお勧め‼︎

  • 本店が空いてなければ、ニューオータニ店も候補に良いかと思います。
  • 駅の近くでゆったりするのであれば、オリエンタルホテル店。
  • 駅で立ち寄りたいのであれば、JR博多シティー店。
  • テークアウトのみの販売は、新幹線口(筑紫口)からすぐのいっぴん通り店。
    こんな感じで考えていいと思います。

やま中での、注文。鮨握り推し‼︎ 

お昼は、にぎり・上・特上・特上お任せにぎりの4種類のコース。これに、茶碗蒸しと赤だしとデザート付きです。

夜はと言いますと、融通が効きます。
特に1階カウンター。
おおよその値段を伝えて、握りのコースでも良いかと思います。
それに足りないネタを追加で注文する形もベター。
お鮨だけではない、会席もありますが個人的には握りのコースが好きです。
握りのコースを注文してから、食べたいネタを追加でお願いしな柄の日本酒。
それに、お任せでアテを注文なんて最高のディナーですね!!

いつかの忘れられない酒のアテ。
銀杏も美味だったし、海の幸での佃煮も・・・お酒が進みました。

ちなみに、鉄火巻きまでかなり美味しいです。
それから、注意点。お昼の上と特上はネタの味が全然違うので美味しいトロを食べたいのであれば特上です‼︎

イカのネタの包丁の入れ方は、海の波のよう。
玉子の厚焼きは、単独でもっともっと食べたいと思ってしまう

お勧めの1品はウニイクラの小鉢丼。

ウニとイクラを同時に楽しめるなんて・・・そして味がまたいい。
見た目だけでなく、ふわっと口の中で溶けるウニといくらの食感が絶妙に美味しいです。
見た目もフォトジェニック
おかわりしたくなる〜〜〜。

出張の合間のやま中は新幹線の中。至福の新幹線時間の過ごし方

味は全然違うが、やま中をスマートに楽しめるのがJRいっぴん通りのお弁当だ。
ここのお弁当は、博多駅新幹線筑紫口から一番近いお弁当として販売されている。


私も、熊本への独り帰省の時にタイムロスを考えた時のお弁当はいつもココ。
シンプルに美味しい・・・新幹線内でのオタノシミ時間。
入っているディスポのおしぼりで手を拭いて
生姜の甘酢漬けをジプロックから出してトレイの中へ入れて
それからお醤油を端に出して割り箸を割る。
このワクワクタイムがいつも一番幸せ。

握りもあれば、チラシ寿司も巻き寿司もある。
個人的には、かすみ寿司が好きです
シンプルで美味しい。

お土産で、芽生姜や塩辛もあるために要チェック‼︎

福岡のカウンター、やま中のお寿司でディナー

  • 福岡に来たら食べてほしい、やま中のお寿司。
  • 本店がベストだが、スタイルに合わせてお店もチョイスできる。
  • 本店は事前日での予約が必須で、1本ヒノキのカウンターでの予約がお勧め。
  • サイドメニューも充実しているが、お寿司を堪能してほしい。
  • 博多新幹線でのやま中スタイルも、アリはアリ。

やま中の大きな1本檜のカウンターは、心もお腹も落ち着かせてくれるような美味しいお寿司で迎えてくれます。人気店で有名人も多く訪れるお店なので予約を事前にしてからお店に行こう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。