• ITOSHIMA
  • 福岡県糸島市の情報サイト。

福岡の糸島でハーブを満喫!!伊都のハーブガーデンプティール倶楽部

福岡市内から車で40分くらいのドライブにお勧めの糸島。

糸島といえば海や山のイメージですが、ハーブをランチでも楽しめる『ハーブガーデンプティール倶楽部』

ハーブガーデンプティール倶楽部では、ランチとフレッシュなハーブが楽しめます。

季節ごとの綺麗なハーブを生で香って過ごすドライブ。

天気の良い日は、糸島のハーブガーデンプティール倶楽部に出かけてみましょう。

糸島の自然の中にあるハーブガーデンプティール倶楽部は、非日常の景色

ハーブガーデンプティール倶楽部は、糸島市の浦志にあります。

5月になるとお店の周り一面に麦畑が広がり、のどかな風景を眺めて過ごせる空間です。

レストランと同じ敷地に隣接するハーブ園では、散策もできます。

ハーブの苗の販売もされているハウスもあり、なにげなく飾られている花瓶の中のハーブも絵になる風景!

近くにはカモミール畑があり、ガーデン内は沢山の季節ごとのハーブが咲いています。

糸島のハーブガーデンプティール倶楽部で、ハーブのランチタイム

ランチコースの種類は2つ。

日替わりのパスタランチと糸島ランチ(お魚、お肉)が選べます。

今日のお魚、お肉、パスタは黒板に記載があるので近くの黒板を参照ください。

サラダ、スープ、パスタ以外はパンがライス、飲み物、デザートがついています。

前菜プラスと、デザートグレードアップは追加料金でが必要です。

その前菜、美味しくてとても綺麗ですのでハーブガーデンプティール倶楽部にドライブランチで来たら是非グレードアップをしてみてください。

他にも単品のパスタも色々あります。

ハーブガーデンプティール倶楽部のハーブのお土産

家族や友達に、ハーブガーデンのお土産を買いたい‼︎とランチを食べたら思えるハーブの魅力を感じるランチを食べたら、レジ前にあるお土産を覗いてみましょう。

ちょっとしゃれたお土産を買えて、季節でミモザのスワッグやカモミールの花束の販売もあります。

ハーブガーデンプティール倶楽部では、ハーブを加工した商品が陳列

ハーブガーデンの摘みたてのハーブを加工した商品が多く並んでいます。

マートルやレモングラスのハーブティがあります。

他にも、いろんなハーブティーが並んでいます。

スワッグやルームスプレーも販売されていて、どれも新鮮なハーブからできたもの。

ハーブソルトも販売されていたり、料理に使いたい商品もたくさんあります。

ハーブガーデンプティール倶楽部では、手摘みのカモミールのハーブティーがお勧め

手摘みのカモミールを使ったカモミールティパック。

1つ1つ手摘みだからとても綺麗な形のままのカモミールです。

バックの中のカモミールが可愛いく、そのまま飾りたくなる華麗さがあります。

ハーブガーデンプティール倶楽部では、自家製ドレッシングもお勧め

人参ドレッシングは、お店のランチのサラダでも使われているドレッシングです。

綺麗なオレンジ色をしていて、トロット感もあります。

人参を刻んでそのまま食べているかのような贅沢な繊維まで残ったドレッシングで、色もとても綺麗です。

糸島のハーブガーデンプティール倶楽部で、ガーデンの散策

ハーブガーデンの散策を忘れてませんか?

ハーブガーデンのガーデンは、沢山のハーブの庭。
あちこちに、季節で異なるハーブが栽培されています。

エキナセア見つけれましたか?

カモミール見ましたか?

ちょっと足を止めて、ハーブの香りを楽しんでみてください。

ハーブガーデンをさらに進んでみるとハウスは見えてきます。


フォトジェニックな撮影ポイントも多くあります。

テーブルと椅子、ランダムに飾られた花瓶のハーブたち。

フレッシュのハーブティーを飲むことができるバーがあります。

生のハーブを摘んですぐに、ハーブティーとしてテイストすることができます。パックでない、生を摘んでからすぐにお湯で淹れるハーブティー。飲んだことがありますか? 1週間、違う1ヶ月の疲れを忘れさせてくれるようなホッとした気持ちになります。


ハウス内のバーはレストランを利用しない方でも、気軽に立ち寄ることができます。

オーダーしてから季節に合わせてガーデンで生を摘んで淹れてくれるハーブティーを是非。

まとめ

  • 糸島のハーブガーデンのランチはハーブをたのしむランチができる。
  • ランチの後に、ハーブのお土産を買って家や友達ともハーブの時間を過ごすことができる。
  • ドライブ途中の立ち寄りで、摘みたてのハーブを使ったハーブティーを飲むことができる。

糸島にはおしゃれなカフェやランチのお店も沢山ありますが、ハーブガーデンプティール倶楽部で一日をハーブに癒されてみるのもまた良い時間となるはず。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。