• JAPAN
  • 国内の旅行情報。
  • HOME
  • ブログ
  • JAPAN
  • 竹富島のプラン!島で1日を楽しむための計画をプランニングしてみよう!

竹富島のプラン!島で1日を楽しむための計画をプランニングしてみよう!

私は2度、竹富島に旅をしたことがあります。

一度目は2年前に、星のや竹富島に宿泊して拠点を竹富島にしてからの旅。
実際には、沖縄本土滞在後の竹富島2泊でした。

二度目は、今回で石垣島のフサキビーチリゾートホテル滞在中の日帰りで訪れた竹富島。

どちらかというと後者の方が多いですね!

竹富島に宿泊するとしたら、ほとんどは星のやになってしまうので・・・。

では、そんな竹富島の旅のプランニングをしたい人へ私が旅した竹富島を紹介したいと思います。

これで、竹富島の旅は完璧!!

 

 

 

 

竹富島で何をする?

竹富島でどんなプランにするか決めるために石垣島に関する情報を集めてみよう。

竹富島の場所は?

竹富島を調べてみると・・・石垣島の南から6kmに位置している。

 

石垣島の離島ターミナルから船で行くことができる島なんだ!
高速船で10分の距離のところにあるみたい!!

 

船で渡る必要があるんですね!!ということは、船の時間があります。

船の時間があるということと、天候で船の往来の予定も決まるってことですね!

もし、沖縄本島からや日本の他の県から考えると・・・まず石垣空港までの飛行が必要。

それから、石垣空港から離島ターミナルまでタクシーやバスで30分ちょっとかかります。

その時間も竹富島に行くためには必要な時間になりますね!

那覇空港から、石垣空港までの移動に1時間くらい+搭乗手続きや荷物の受け取りもあるので移動日は少し竹富島は難しいかもしれないですね。

まずは、そこがポイントですね!!

竹富島の広さは?

珊瑚の隆起によってできた島で、楕円形の形。周囲は約9km。

 

そう大きい島ではないんだ!
だけど、交通手段はどうなっているんだろう?

 

広さ的には、そう広くない場所で自然が多い島。

なので、島に行くと割といろんなことができるのかな?と思う人も多いかと思いますが

言っても、島。

なのでバスやタクシーは、そう発達していないので移動手段が必要ですね!!

タクシーは事前予約が必要だとネットでの情報ではありました。

みんなどうしているんだろう?

そう思いながら旅行雑誌を見ると、自転車レンタルがよく載っています。

竹富島自転車レンタサイクル

自転車レンタルは、離島ターミナルでも水牛観光と石垣島と竹富島を結ぶ船の往復チケットと一緒にセットになって購入できるものもあります!

今回は私たちは、それを利用。

子どもも4・5歳を連れての旅行でしたが、補助席を無料でつけてくれました。

※離島ターミナルで購入時に、申告が必要です。

そして自転車をレンタルするってことは、歩いて回れる距離に観光地は集結していないってことかな?

竹富島で何ができる?

何ができるのか、何をしたいのかを検討してからのプランニングがお勧めです。

島なので、海は島の周囲一面にあります。

なので、海!と考えるとやっぱり海水浴?そう思うかもしれませんが、海水浴ができる有名な場所は1箇所。

コンドイ浜。

そして、星の砂で有名な竹富島のビーチはカイジ浜。

その2つのビーチは海狙いの人は行ってみたいビーチですね!

それから、海のエリアでは西桟橋も撮影スポットですね。

次に、水牛観光も有名ですね。

水牛観光は、島の中心部の集落でできる観光になります。

事前予約はいらないのですが、到着後に予約した順番での案内となります。

こちらは、港から無料の送迎バスがでていますので水牛観光のできる集落の場所までは車で移動ができます。

私も今回は、これを利用しました。

あとは、集落の街並みをみたりして過ごすことが多いのかなと感じます。

これを考えると、1日あればやりたいことができそうですね!

もしくは、子どもととにかくゆっくり過ごしたいのであれば海エリアと集落エリアで分けてもいいかもしれません。

その場合は、かなりゆっくり過ごすことになりそうですね!

私たちの今回のプランニングを紹介!

2家族、子どもは4歳と5歳の6人での竹富島です。

 

石垣島だけでなくて、1日くらいは島に行ってみようかな〜。
子どもも水牛に乗ると喜ぶかもしれないし・・・。

 

そう話ながら、今回の旅に出発。

実際には、石垣島に着いた3日目に竹富島へ行くこにしました。

行くことが決定したのも、前日。

この時点で、竹富島に行くための何か前準備やチケットは全く何も揃えていませんでした。

それでも、スムーズに行くことができました。

9:50 フサキビーチリゾートホテルの部屋を出発

10:00 タクシーで離島ターミナルに向けて出発

10:15 離島ターミナル到着、チケット購入

10:25 八重山観光フェリー乗船

10:50  竹富港降船後、水牛ツアーバス乗車

11:10 受付を済ませて、水牛ツアー開始

11:30 乗車場所に戻り、撮影タイム

11:50 レンタサイクル店に歩いて移動中、スコールが降り出し雨やどり兼で「かにふ」でお昼

12:50 自転車レンタル貸し出しを受けて、ビーチに自転車でスタート

13:15 西桟橋到着、引き潮で水が少なくて次のコンドイ浜に自転車で移動

13:40 コンドイ浜移動後に、更衣をして海に!
    意外と、子どもが眠い時間帯だったのかそんなに長くはつからず。浅いために泳ぐまではない。
    白いカニや大量のナマコ、魚(熱帯魚ではなさそう)やヤドカリは居ました。 

14:25 足だけ洗ってそのまま、自転車で星砂浜へ移動

15:20 自転車で、レンタサイクル店に向かう・・・30分のバスを目指していたのですが断念。帰りの坂は・・・汗。

15:45 レンタサイクル自転車屋の、かき氷で休憩。パパたちは、集落の中心地のばあばのお店でビールと柿ピータイム。

16:20 フェリーで竹富島出港

16:35 石垣港到着 ゆっくりしながらタクシーでホテルに戻る

17:20 到着後、ホテルのプール

こんな1日を過ごしました。

スコールがあって、やむのに1時間はランチに使ったのもありましたがスムーズに行った気がします。

水着でウロウロは禁止なので、中に水着を着てからホテルまで子どもたちはそのままでした。

1日竹富島観光をしてみて感じたこと

2日はいらない気がします。

前回は星のやに宿泊をしましたが、星のやに滞在するとなれば話は別です。

その場合は、2日でも3日でも4日でも楽しめる環境がありました。プライベートな砂浜やアクテビティーなど。

今回は、石垣島からの観光になったので

1日あれば十分だと感じました。

ただ、その1日は余裕を持って朝から夕方まで自由に動ける日をチョイスした方が良いと感じました。

船の時間もありますし、スコールや特に子連れの場合は中断や子どものペースもあります。

1日があれば、ある程度の融通は効くし前日までの準備もなくてもプランニングができると感じました。

ポイントの箇所箇所を紹介‼︎

今回プランニングに組み込んだ場所を紹介したいと思います。

離島ターミナル

離島ターミナルは、他の島へのフェリーや船も発着があります。

こちらには、タクシーもたくさんとまっていますので帰りも困ることはなさそうです。

ターミナルに入ると、チケット売り場が並んでいるのと売店のようなお土産売り場もいくつかあります。

また待合椅子やトイレも完備された広いエリアになっています。

ターミナルの船の発着口側に出ると、具志堅の金の銅像も!
列ができて撮っている人もたくさんいました。私は前回は撮ったのですが、今年は撮れず。

フェリーの時間近くになると放送があるので、フェリーの乗り場の番号のところに向かいます。

今回は、こちらで往復の乗船券とレンタサイクルと水牛観光のチケットがセットになっているものを購入しました。

八重山観光フェリー乗船時には、水飛沫がオッケーでしたら後部の外の席に!冷房の中を希望でしたら中の席をお勧めします。子どもは、席を取らなければ無料です。今回はギリギリの無料で行きました・・・久々抱っこをしました。

竹富港

竹富港港に着くと、降船後進むとボードを持って数名の人たちがお出迎えをしています。

星のやの送迎も、懐かしく感じながら立たれていて見て通りました。

今回は、水牛ツアーを申し込んでいたので水牛観光のバスを探して声をかけました。
※水牛観光も1つの会社ではないので、名前の確認が必要ですね。

ピーク時はわかりませんが、当日の竹富港でも水牛観光の受付は可能のようでした。

バスで水牛観光の場所まで案内してもらいました。

竹富観光センター到着、竹富観光の水牛ツアー

竹富島水牛観光今回は、竹富観光の水牛ツアーを申し込みました。

前回の星のやさんの時には、新田観光さん。星のやさんの時には、水牛がハイビスカスを頭につけていたので可愛かったです。

今回も、つけている水牛を集落でみました。それは、新田観光さんの水牛でした。

観光センターには、トイレと自販機がありました。そしてちょっとしたお土産も。

水牛ツアーは15〜20分くらいだったと思います。

島のガイドのお話が、水牛ツアー中に聞けるのと三線と一緒に唄も歌ってくれます。

戻ってからは、グループごとに水牛と写真が撮れます。

携帯やカメラを渡すと撮ってくれます。

今回は1,500円で大きな写真がフレーム付きで、買うこともできました。カメラマンも撮影があります。

子どもが欲しいと言ったので、今回は購入しました。

お食事処かにふ

かにふソーキそばお店の中に入ると、島の中で見た1番人が多く居たエリアのように感じます。

席数も結構あった気がします。

ソーキそばや八重山そば・カレーや天麩羅、チャンプルなどの沖縄の料理のメニューでした。

私たちは、カレーとソーキそばを注文。

テーブルに座って、レジにメニュー表をテーブルから持って行って注文する形式でした。

スコールを見届けて・・・。トイレを済ませて。

まえもりやレンタサイクル

来店すると自転車を用意してくれていました。説明を少しだけ聞いてからスムーズにレンタルできました。

久々のママチャリ。子どもは、補助席を準備してくれていました。

竹富島を子どもの自転車を借りて一緒に走るのは結構難しいかもしれないです。小学校になるとOKかと思います。

スコールあとの集落は、砂がタイヤを持っていく・・・。つこけないように必死でした。

戻ってからは、かき氷を200円で販売中でいただきました。

テーブルと椅子もあって、レンタルしていない方も食べに来られていました。

味がバナナやパイナップルもあって、普通もありますが違った味もどうぞ!

コンドイ浜

コンドイビーチ自転車は綺麗に並べて、自転車置き場がありました。

日除けに簡易テントを持参している人も居ました。トイレと更衣場所がありました。

遠浅で、ナマコがたくさんいるビーチ。

小さい子の好きな、ヤドカリやカニ、お魚は居ましたがお魚は早くて見れない・・・。

熱帯魚は見れなかったです。

ナマコが大量にいるので、それを子どもは嫌がってました。

砂浜が綺麗ですね!!

日を遮るものがないので、とっても暑く感じました!!

そして、猫が一昨年も居ましたが今年もいました。

小さい子がパチャパチャ遊ぶのにはいいかもしれないです。シュノーケルも浅すぎて、やりにくいかもしれないです。

星砂のカイジ浜

星砂を私も幾つもすぐに探すことができました。

探すよりも安価で販売している無人販売所で購入するほうが、手間は・・・。

そしてその星砂は、集落で購入したほうが安いです。

ブランコがあり、子どもたちはそっちに興味津々で楽しんでいました。

それから、とにかくヤドカリがたくさんいて子どもは並べて喜んでいました。

まとめ

  • 竹富島へのアクセスと広さ、やりたいことを検討してプランニングをするのがお勧め
  • 1日まるまる使って、海も集落も楽しむのがGOOD!
  • レンタサイクルがなければ、海への移動はやや難しい
  • 事前予約やチケットは要らずに、竹富島の観光はできる
  • エリアごとの特徴を考慮した、子づれの場合のプランニングが必要
  • 飛行機を用いた移動日には、竹富島への渡航はあまりお勧めできない
  • 水牛ツアーとフェリーの往復チケットとレンタサイクルのセットのチケットが離島ターミナルで販売されている

今回は竹富島の観光について、私の1日ツアーを参考に紹介させていただきました。
これで実際の時間の目安がわかったかと思いますので、竹富島を宿泊地や観光に検討されている方の参考になればと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。