• JAPAN
  • 国内の旅行情報。
  • HOME
  • ブログ
  • JAPAN
  • 沖縄本島ホテル日航アリビラに宿泊。香りに包まれるステイ時間を心に残して。

沖縄本島ホテル日航アリビラに宿泊。香りに包まれるステイ時間を心に残して。

一昨年の記憶を思い返していると、日航アリビラの宿泊を心恋しく感じる。
今は隣に星のや沖縄ができて、にぎやかな地になっているだろうな。
そう感じながらも、またあの場所に戻りたい・・・。
そう思えるホテルの旅の記憶をよみ返しながら心の旅に出かけたい

ホテル日航アリビラは島の先の地にある異国の別荘

沖縄に到着した九州の旅人は、到着日を沖縄の北部の美ら海水族館までレンタカーで行った後にホテルに向かった。
58号線から、ホテルの方へ進むと見えてくるトウモロコシの畑。
カマキリ沢山いるんだろうなと感じながら進む。
するとその先に、ホテル日航アリビラ/ヨミタンリゾート沖縄は見えてきた。

異国情緒漂うスパニッシュコロニアル風の建物が特徴的なオンザビーチのリゾートホテルです。ホテルの目の前は「アリビラブルー」と称される沖縄本島屈指の透明度を誇る海が広がります。厳選食材を駆使したこだわりの料理、多彩なマリンメニューやリラクゼーションなど、上質な安らぎが満ちる極上のステイをご堪能ください。

ホテル日航アリビラ/ヨミタンリゾート沖縄HPより引用
 

海外に来たみたい。ホテルに入る前からこんなお洒落な空間‼︎

 

レンガ色のタイルのエントランス。
白壁に囲まれたロータリー。

それだけで、異国の地に辿り着いたような気になるホテルの入り口。
ドアボーイが迎えてくれる玄関を入ると・・・。

アリビラスタイルという『響き合う五感』を感じる心と体を解き放つプレミアムな休日

私が滞在中感じたまさにそのもの。
5感で過ごせるホテルでした。

アリビラに滞在するうちに 眠っていた五感が目覚め、 あざやかな時が動き出す。 そう、ここは言葉にではできない 感動と喜びを享受できる リトリート。 日常から解き放された 無邪気な自分に出会える場所。 豊かな自然やくつろぎの ホスピタリティと訪れる人の 感覚が響き合う、 美しいハーモニー。
五感に響くいくつもの魅力的な シーンが揃っています。 心身を開放し、 喜びあふれる楽園時間を お過ごしください。

アリビラHPより抜粋。

See ・Hear・ Taste・ Touch・ Smellのどれもが楽しめる休日を過ごすことができます。

Smellで感じるホテル中を漂う、ホワイトガーデニアの香り。

お洒落な廊下にお洒落なオブジェたち。

そこに香りが漂います。

ホテル日航アリビラの香り=ガーデニア。

ガーデニアとは白い香りの強い花です。
時々街路樹として見ることができます。
福岡市内では、割とあらゆるところにホワイトガーデニアの街路樹を見つけることもできます。
今覚えているのは、東区の箱崎公園の中などでも見つけることができた気がします。
花言葉、私は幸せ。
幸せを包んでくれそうな、日航アリビラの香り。

ガーデニアを見ると、日航アリビラを思い出しています。
日航アリビラの香りが恋しくなる旅の後のお土産には、オリジナルバスアメニティーの販売もあるようです。

どこからともなく漂うホテル中の良い香りに、外に出ずにホテル滞在も癒しの時間になります。

Tasteで感じる、沖縄を感じる食事とビール。

バイキングの夕食では「お疲れ様〜」と旅の疲れを一気に取り除いてくれるような冷たいビールで乾杯。
沖縄らしいメニューのご飯も並び食が進みます。

子連れでもいろんなメニューがあるので、困ることもなく4歳の子どもも沢山食べました。
お腹いっぱい‼︎ そう思えても、寝流ところはこの建物内。
ラッキー。

朝の魅力的なメニューもあったので、それはまた後日別記事としましょう・・・。

ホテル内の散策だけで、あの日のニューカレドニアを思い出す

ホテルのガーデンエリアはとても楽しい空間になっています。
そして、フォトジェニックになりそうなくらい魅力的な空間。
中央に配置されたガーデンプール。
ジャバーン‼︎と飛び込むのもよし、ビーチサイドの椅子で眺めるのもよし。
非日常の空間にいる様な気持ちになります。

橋もあり、階段もあって登るのも渡るのも楽しい子どもたち。
そして、南国らしい木々の下で空を眺めるのまた楽しい。

先に進むと、小高い丘から見える海。


海まで散歩をしたくなります。

散歩はしたんですけれどね・・・。

飛行機に乗って、レンタカーで先の美ら海水族館まで観光に行った後の、息子の開放的な時間になりました。
砂を両手いっぱいに握りしめて、カニを見つけて、太陽の沈む行方を眺めて波と追いかけっこをして過ごしていたようです。

ニライビーチは散歩する人のお話タイム。

情熱のオレンジの空間に泊まることへの戸惑いはなく心地よさを感じる部屋

SNS映えしそうなくらいオレンジの濃いお部屋に案内された。
普通なら、落ち着かないな〜と感じるはずなのに
なんとなく居心地がよく感じるこの不思議な感じ。
きっと綺麗にメイクされた部屋だから感じる安堵の様な気がしました。

スペインにいるかのような、装飾の鏡にも息子も興味津々。
壁画や細部まで、いろんな楽しみのあるお部屋でした。

1泊での宿泊であり、少し短かったなと反省。
次の日には、座間味にいくことにしました。

早朝起床後は、ベランダでまったり外を眺めて過ごしました。

こんな時間、もう一度戻りたい・・・。
ただそれだけです。

沖縄本島ホテル日航アリビアに宿泊したまとめ

  • 沖縄本島のホテル日航アリビラは、異国のような空間で過ごせるホテル
  • 5感を感じることができる魅力的な特徴がたくさん
  • ホワイトガーデニアの香りとともに旅の後でもホテルの光景を思い出すことができる
  • ホテル内の散策も楽しく、ムードのある風景に多く出会える

パリの星のつくようなホテルや、東京の超高級ホテルにも宿泊しましたが
振り返って「また泊まりたいな〜」と思うホテルベスト3には必ず入っていると思います。星のやとここと・・・。
全体的に、空間や見た目・・・香りや環境など惹かれるものが沢山のホテルでした。
ぜひ近々、ホワイトガーデニアの香りに包まれるステイ時間を再び過ごしに行きたい。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。