• JAPAN
  • 国内の旅行情報。
  • HOME
  • ブログ
  • JAPAN
  • 石垣島のフサキ ビーチリゾートで子どもと一日中泳いで過ごす旅
石垣のフサキホテル

石垣島のフサキ ビーチリゾートで子どもと一日中泳いで過ごす旅

大人になって一日中泳ぐようなことはなかなかないと思いますが、石垣島滞在をして1日中泳ぐ旅!

そんな旅をフサキビーチリゾートで過ごしてきました。
沖縄本島に滞在を検討するのもいいですが、せっかくならリゾートホテルで泳いで泳いでとにかく泳ぐだけの1日をフサキのビーチリゾートホテルで過ごす旅もお勧めです。

実は、プールだけではなくて海でも泳げるんです。
そしてその海で見れるのは熱帯魚なんですよ!海に入って30秒もしないうちに熱帯魚も見れるビーチ。
そんなビーチまでプールからそのまま歩いて10秒くらいで続いている立地。
滞在中はタオルもシャワーも使えて、部屋までも大浴場までもそのまま歩いて行ける!
そんなホテルを旅の選択肢にして、一日中泳いで過ごす旅をプランしてみてください。

 

 

 

石垣島に行く魅力

沖縄本島にも一昨年3歳の息子と行きました。
そして、今年は5歳前の4歳の息子と行きました。そこで感じたのが、あちこち連れて回る旅より子どもはも思いっきり何かができる旅の方が楽しいように思えました。
ちゅら海水族館に行って、島に渡って、時間が少ない中でビーチで少しだけ過ごす旅。それもいいのかもしれないけれど、大人もバタバタ・・・子どもも不完全燃焼で遊び足りない・・・。
そう思うよりも、とにかく時間も気にせずやりたいことができる旅。
そういった旅の方が、子どもも大人も満足できるように思えました。
前回は、本島と竹富島への移動も含めて4泊5日。

今回は、石垣島へ3泊4日の旅に行ってきました。
ホテルは1箇所、石垣島のフサキビーチリゾートホテルだけでの滞在。
その1日をホテルから出ずに、一日中泳いで過ごした2日目。
そこで、子どもも泳ぐのがとっても上手になりました。

そして、1日中大人も泳ぎながらも楽しく過ごせた時間を過ごすことができました。
本島に比べて、出かけるところも少ない・・・。
竹富島に1日、シュノーケルに1日出かけながらもそれでもそう時間が要らない石垣島のアクティビティー。
石垣島をベースに旅を進めるのは、本島に比べて大人も子どももセカセカしない旅になるように思えました。
レンタカーも使わなかった石垣島では、夏のアクティビティーのス「泳ぐ」ことを満喫できる旅になることは間違いなし。

なぜリゾートホテルのフサキビーチリゾートホテルに滞在するのか?

値段もなかなかいい金額です。
それでもフサキビーチリゾートホテルに宿泊を決めたのには理由があります。
普通のホテルに泊まって、アクティビティーを外部で予約するのか?
そして、美味しいものを街のお店を予約して食べに出るのか?
それらを考えていると、そこにもお金はどんどんかかっていきます。
今回は、1日を泳いでホテルで過ごしました。テイクアウトのランチの料金はかかりますが外に出てタクシー代や時間やその他諸々の料金は不要です。
それを考えると、施設設備が完璧なホテルで満足できるのであれば無駄にお金を使うよりも満足できる気がします。
料金分の施設設備の充実は、かなり感じました。

 

 

フサキビーチリゾートのプール

フサキビーチリゾートホテルのプールは多様でいろんな装備も設備もあって楽しく過ごせるポイントがいっぱい。

フサキビーチリゾートホテルのプールの広さ

フサキビーチリゾートのプールはとにかく広い!

メインプール

フサキビーチリゾートホテル

深さも1.2mととても深くなっています。
見ていなかったのですが、子どもも2回溺れたそうです。(どのくらいのものかわからないのですが・・・一緒に行った子も1回。)
その失敗談も、対処のアレがあれば回避できることにもあとから気づきました。

そして、広い!!なので、お客さんが多くても安心ですね。
自由に泳ぎ回れる広さは十分です。

プールの色もブルーで写真映えもgood!!
椰子の木もたくさん植栽してあって、リゾート感いっぱいです。

子どもプール

フサキ子どもプール

こちらは、スプラッシュパーク。
大人もびしょびしょになって走り回りました!!
頭上にある大きなバケツ、水がどんどん溜まっていっぱいになったらひっくり返る仕組み。
カンカンカン〜♪と音が鳴ったら、走って水が落ちるエリアに駆け込みびしょびしょになりました。
大人になってからのこの水遊び、楽しすぎる!!

他にも、回すと水を発射できるところや紐を引くと滝のように水がでてくるエリア。
楽しすぎる仕掛けがいっぱい。
もちろんウォータースライダーも滑りました!!
久々、滑り回って濡れてまわりました。

休憩エリアも充実、休みながらのプール時間

プール周りの休憩スペース

プールを一周取り囲むよう、プールの間で休める椅子の準備があります。
プールには履物はNGなので、サンダルもこの椅子のエリアに脱いで行きます。
貴重品も携帯やルームキーなんかは、バッグごと置いて泳いでましたが問題なさそうでした。
携帯は、時々そのままテーブルに置いておくこともありました。

たくさんあるので、埋まることはそうなさそうには思えます。
空いていれば、人数が多ければソファーエリアでもいいですね!!ただ、できるだけ屋根のパラソルのところをとった方が陽が照ると暑いのでお勧めします!!
ソファー部分は最後に、ホテルのスタッフがタープを貼ってくれるのでそれまではとても暑かったです。

食べて飲んで、お昼も夜も困らないカフェとバーを併設のプール

フサキホテルランチプールの隣には、そのままバーがあります。
そこでは、飲み物を買うことができます。また同じく隣にはカフェショップもあります。
こちらでは、食べ物も飲み物も調達ができます。
なのでお昼をカフェでとることもできますし、テイクアウトでプールサイドで食べることもできます。
私たちは、テイクアウトにしてプールサイドで食べました。
子どもたちも、食べたり泳いだり。
カフェメニューもこだわりのある美味しいものもたくさん!
ロコモコも美味しかったですし、私はガーリックシュリンプライスを食べました。
これもニンニクの効いた元気になりそうな味。
そしてパクチーのサラダにパワー復活です。

時々買い出し、足りないレジャー用品調達もできる

そのままの格好でロビー棟や施設内のお店に買い物!
私は、子どものアイスと夫用に大人のゴーグルとサンダルを途中で買いに行きました。
日焼け止めや大人も子どももたくさんの種類のラッシュガードや水着も販売されていました。ROXYがたくさんありました。
それから大人4人分の携帯の防水ストラップもこちらで購入。
便利でしたよ!普通にプールに入れるので、撮影もどこでもできるのでGOOD!

お財布持参なくても、ルームナンバーとサインでお部屋付ができます。
これはバーもランチのお店も同じです。
なので、お財布は1円も持参せずにプールに行きました。

買い物も途中しながら、休み休みプール。
もちろん着替えはしません!!そのままの格好でサンダルだけを履いて、買い物へ!!

レンタル用品も充実

アーム用浮き輪

バスタオルはビーチサイドでかりることができます。
また、アクティビティーグッズも!!

子どもたちが使用している手につける浮き輪は、ビーチサイドにたくさん置いてありますので自由に使用が可能です。これで、溺れることがないことに子どもたちが気づき・・・たくさん泳いで泳ぐのも滞在中に確実に早くなりました。

浮くのでいいですよね!!

 

プールだけではない、魅力あふれるビーチもすぐ!!

フサキビーチ

プールからそのままビーチにも走ってすぐ。
そのままの格好でそのままいけます!!荷物もプールサイドに置きっぱなしで行きました。

綺麗な色の砂浜と海の色

写真映えしそうな、綺麗なブルーの海。
目と鼻の先に、海!!
写真を撮りに行っている人もたくさんいました。
そんな綺麗な海ですが、ハブクラゲ・・・がいるそうで遊泳できるエリアは網を降ろしてあります。
そしてその網の中にはハブクラゲがいないことを時間をかけて施設の方がチェックをしてからの遊泳ということで安心。
プールもいいけれど、せっかくなら海で泳ぎたいですよね!!

砂浜には、白いカニも発見!!
ヤドカリもたくさんいました!!
プールだけでなく、自然も満喫できる施設です。

シュノーケルもできて、私はカクレクマノミと遭遇

シュノーケルも十分できる海水浴エリア。
そう広くはないエリアですが、ハブクラゲもいないために安全にシュノーケルができます。
カラフルな熱帯魚をたくさん見ることができます。

私がずっと眺めていたのは、カクレクマノミ。
珊瑚の中に隠れては出てくる・・・繰り返しの様子がとっても可愛い。

それも水深30cm程度しかないところでした。
砂浜から10mもなかったところだと思います。

プールから勝手に歩いて行って、勝手に潜ると見える熱帯魚。
嬉しすぎますね!!

私たちは、子ども用にシュノーケルの水中ゴーグルを持参していたためにそれを使いました。
深さはないので、ゴーグルだけでも十分いけると思いますしレンタルもプールエリアのところでできるようでした。

離島や沖縄に行く時には持参しておくと困らないものだと思います!

とにかく満喫できるでしょう?
水中カメラがあれば簡単に熱帯魚は撮影できるでしょうね!

夜はナイトプールで楽しめる!

フサキナイトプール

夜はまた特別です。ナイトプールも思う存分楽しめる施設です。フローティングライトが浮くこの時間はとても神秘的。暗さはありますが、それでも十分泳いで困らないくらいの明るさはあります。
子どもと21時30分まで泳ぎました。
水辺に映るヤシの木もお洒落〜!!

23時まで開催されています!!

インドアプールもある!

歩いて、そのままインドアプールにも行けます。
ここにもウォータースライダーもあります。外で冷えても安心、中のプールに移動したらポカポカ。
スコールのような雨の降る離島でも安心ですね!
避難!できます。
私たちは、避難せずともびしょ濡れではしゃいでました。

浮き輪も自由に使用可能なのでそれも嬉しいですね!

プールのあとは大浴場で温泉

温泉もあるんです!
お部屋でシャワーなんてこともなく、滞在中は一度もお部屋のシャワーは使わなかったです。
泳いだら大浴場へ!
これで、順番待ちでの眠気も疲れもなく済みます。
みんなで大浴場に行って、バスタオルを借りてそれぞれにお風呂。
23時まで空いているので、十分利用できます。

毎日最後は、温水プールからの大浴場。
テラスショップでアイスクリームやビールを買ってお部屋に戻りそのまま寝てました。

洗濯物も安心、たくさんあるコインランドリー

滞在中の洗濯もほとんど困ることなく過ごせました。おかげで毎日同じワンピース。
そして2つ持って行った息子の水着も、1着で事足りました。

アプリコスの水着は小さい頃から種類を変えて愛用しています。

ランドリーは300円で洗濯、100円で乾燥。
100円玉はたくさん旅の間で、他のところでは集めておくと便利ですね!!
自販機もありますが200円か150円が多いので、そう100円がたまらない・・・。
お札を入れてもしっかり500円がでてくる自販機の設置です。

追加で2回、3回分まとめて乾燥には100円を入れておくこともできました。
なので、乾燥機に移動するところまでは頑張って起きておいて、乾燥機に入れたらあとは朝取り込みに行って毎日過ごしていました。

大浴場やシャワールームには、水着の脱水機もあって1分で脱水もできるようでした。

まとめ

  • 移動やプラン検討に頭の要らない石垣島のリゾートホテル
  • フサキビーチリゾートホテルは、泳ぐだけで1日まるまる楽しめる(2日でもいける!)
  • とにかく広いビーチサイドプール
  • 大人も楽しすぎるスプラッシュパークで、ビショビショになろう
  • 飲んで食べて休める、ビーチサイド
  • 足りないものはその都度、全て手に入るホテル内の設備
  • ビーチもすぐそこ、シュノーケルで熱帯魚にもすぐ逢える
  • ナイトプールもエキゾチックでお洒落感満載
  • インドアプールもスライダーあり、温水で快適
  • 大浴場で、お風呂は済ませてそのまま就寝
  • 洗濯物は、ランドリーの充実で心配なし

とにかく泳ぎに泳いだ4日間。子どももおかげて泳ぐのがとっても上手になりました。
竹富島に行った1日、それからシュノーケルツアーに行った旅1日目の飛行後。そして家に戻る飛行機前もまるまる4日間プールに入らない日はなかったくらい気軽に入れるプールです。
沖縄本島にしようか、離島にしようかと迷われる人!絶対フサキビーチリゾートホテルはお勧めです。1日中泳ぐホテル滞在を検討してみてください。

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。