• KUMAMOTO
  • 八代市を中心に熊本の情報を載せています。ドライブスポットから美味しいものまで。
八代コップンカー食堂

八代でエスニック料理のお店|コップンカー食堂でタイの名物郷土料理

八代市街地エリア近くにある、コップンカー食堂はランチとディナーのお店。
エスニック料理を食べられる店内は、雰囲気もイイ。

八代でスパイスが効いた食事を食べたいと思ったら、コップンカー食堂に行ってみましょう。
メニューも方豊富な店内で、タイ料理を思いっきり堪能できます。

コップンカー食堂は、タイを感じる空間

コップンカー食堂のお店の前に立ってみると、なんだか気になる飾りが目につきました。
それから、アジアを連想できる草木。
お店の窓辺の風景を見ると、ワクワクします。

テーブル席とカウンターのある店内

お店は、テーブル席(片面が繋がったソファー席)とお店を入って左側すぐにカウンター席があります。
お店外観からは想像できない、意外とスッキリした空間のある店内です。
ウッド調カラーの壁と、素朴なコンクリートの床が店内をより広く見せてくれます。

店内に飾られた観葉植物は、生き生きした緑の葉にタイの自然を想像。
タイはこんな感じなのかなあと!

コップンカー食堂のカウンター席

カウンター席もゆったり過ごせます。

テーブル席は、2人用が4つ。
カウンター席は、2席です。

タイ雑貨の装飾

コップンカー食堂内には、タイの雑貨も多く飾られています。

コップンカー食堂のスパイスの奥にはお金が!

スパイスの奥に貼られたお札?!

大きくないので存在感はあまりありませんが、ゾウやお金・置物などがお店で見つけることができますよ!

コップンカー食堂で飲める飲み物も、カウンターには並んでいました。
最初に見た、窓のところに飾られているタッセルも色がタイらしいカラーです。

どれがいいのか、タイ料理のメニュー

席に案内されると、黄色のメニュー表。
めくって、わかりやすい写真と解説付きに値段も載っていました。

青パパイヤのサラダ、辛さも唐辛子マークで載せてあります。(3辛は結構なものだろうと想像 )
他に気になる、トムヤムクン(880円)やタイ式ビーフン(990円)などの有名な料理もありました。

中で気になったのが、カレーにココナッツ。
そしてラーメンになっている“カレーラーメン”でした。
唐辛子マークも1つで、安心。(注文することに!)

コップンカー食堂のお通しのえびせん

お通しのえびせん

注文してから、お通しで運ばれてきたのが本物のえびせん。
かっぱえびせんとは違う、ふわっとしたえびせんです。
タイ知らないのに、『これ、タイにありそう・・・』と感じます。

カレーラーメンは、芸術作品

コップンカー食堂の芸術的なカレーラーメン

見た目のフォルム最高の、撮りたいカレーラーメン

コップンカー食堂のカレーラーメン、ただのカレーラーメンではありませんでした。
見ためと、食べる過程で楽しめるいろんなボリューム満タンのメニューです。

見た目の、芸術作品のカレーラーメン

カレーラーメンは、写真の見た目でパクチーは頂上で生えているようなインパクトのある1皿でした。
実際に運ばれてくると、更に見た目に感じたもの。

“カレーラーメンは、芸術作品”

というのも、この見た目です。
“なんだ?このヌードルの積み上げは・・・!”と興味津々に眺めては、グルグル回しながら撮らずにはいられませんでした。

レモン、よく立ってるなぁ!
パクチーは、落ちないか?なんて・・・余談で楽しめたり。

値段が1,210円ですが、値段以上の楽しみを感じました。

食べながら楽しむ、芸術作品のカレーラーメン

コップンカー食堂のカレーラーメン

このトッピングをどう食べようかと楽しむ。高菜も!

実際食べてみると、生もやしをどう調理しようか、レモンは絞らないところとどう味が違うのか・・・など色々なバリエーションで味を楽しみました。

ラーメンの麺の食感と、パリパリの飾りの麺の食感の違いも楽しみました。
カレーラーメンなので、カレーがしっかり絡んでくれて食べるたびに辛味は増します。
それでも、ココナッツ入りなのでまろやかさがあり不思議な感覚です。

美味しいですよ!

お肉もほら!ごろっと出てきました。
食べながら楽しめる、芸術作品のカレーラーメンでもあります。

タイの風吹く、コップンカー食堂は八代市通町のお店

コップンカー食堂は、八代市通町にあるお店。
駐車場は、お店前に2台。
駐車に自信がない人は、近くのコインパーキングがおすすめです。

タイ料理の商品販売

コップンカー食堂のえびせん販売

販売されているえびせん

タイ料理のスパイスのチリソースもお店で販売されていました。
レジ前のカウンター下の台で、チリソース230g(300円)
それから、お通しに出たえびせんも(500円)販売中。

手前の飾り物のロブスターにちょっと惹かれて、ついつい見てしまいました。

販売はされていないですが、タイやバンコクの載った雑誌もたくさん置かれていたので“タイ好き”にはたまらないお店ですね!

コップンカー食堂の詳細情報

住所 熊本県八代市通町8-2森本ビル1階
電話番号 0965-62-8490
営業時間 ランチ11:30~14:00(LO13:30)
ディナー18:00〜21:00(Lo20:00)
定休日 毎週火・水曜日
お店公式HP/Instagram HPはこちら・Instagramはこちら

コップンカー食堂のエスニック料理、ココナッツを使ったカレーラーメンを食べに行こう

  • 熊本県八代市通町にある『コップンカー食堂』は、八代で本格的なエスニックなタイ料理を楽しめるお店
  • お店は、タイ雑貨が散りばめられながらもスタイリッシュでテーブル席が4つとカウンターが2席
  • メニューは種類豊富で、タイ料理の気になるものが選び放題。メニューには、解説もついている
  • コップンカー食堂のカレーラーメンは、芸術作品。撮っても食べても、アートセンスがある
  • お店はランチとディナーでの営業をしていて、ドリンクメニューも豊富

八代で、本格スパイスの楽しめるタイ料理のお店はとても貴重でぜひ出かけてみましょう。もちろん、熊本市内からもドライブをしながら八代を満喫するのに大歓迎のお店です。

八代で美味しいものを食べたい人は、こちらもチェック!

美味しいスイーツ探しの八代旅はこちら

八代の雰囲気のよい喫茶店

お店からほど近いケーキショップ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。