• 贈り物
  • 手土産にお勧めなアイテム。シーンに合わせてお勧めのプレゼントを紹介。
9/19は敬老の日

敬老の日のプレゼントには何を渡す?お勧めのプレゼント5選を紹介

今年の敬老の日9月19日(月・祝)も近づいてきました。

感謝の気持ちを伝える敬老の日
行事の中では忘れられていることが多い年間行事の分類に入ると言われています。

敬老の日のギフト選びに時間を使ってみてはいかがでしょうか?

敬老の日のプレゼントいつ渡す?

敬老の日のプレゼント敬老の日は、いつなのか?何歳から敬老になるのか?と、敬老の日と言ってもわからないことがたくさん。
せっかく敬老の日のプレゼントを考えるのであれば、敬老の日について知ってみましょう。

敬老の日とは?

国民の祝日に関する法律から現在は、9月の第3月曜日!と決められています。
以前は9月15日の固定で、曜日は関係なく決められていました。

聖徳太子が、身寄りのない老人のための施設を設立した日が、9月15日とされることにちなんだ日だと言われています。

今年の敬老の日は?

9月の第3月曜日なので、今年の敬老の日は9月19日です。
カレンダーでも、祝日の赤マークになっていますね!

 

そもそも敬老とは「何歳」からのことか?

 

敬老の日というものがあることはわかった!
そして今年は9月19日で祝日であることも理解できたけれど、そもそも
敬老とは、何歳からのことを言うんだろう?

 

そう疑問に思いますよね!

敬老は一般的には60歳以上の人を対象にすることが多いようです。
だけれど、60歳以上でもバリバリの仕事をしていたり、体力作りをして60歳に見えないような人もいます。

相手が「年寄り扱い」されて不快にならないように、相手の気持ちも重視しながらの配慮が必要になります。

法律では「高齢者の対象は65歳以上」となっているために、65歳を目安にする方もいらっしゃるそうです。
孫が産まれた人は「敬老」とすることも多いようです。
若くても、孫から「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばれることは嬉しいと思います。

相手の気持ちを尊重しながら、お互いが気持ち良い関係で居れるよう配慮が必要です。

敬老の日のプレゼントを渡すタイミング

敬老の日の当日に会い、手渡しで渡すのが1番です。
ただ、遠方で会うのが難しい場合は、敬老の日当日までに届くように郵送しましょう。
理想は、到着日指定で9月19日当日に届くようにしましょう。

プレゼントの相場は?

一般的に言われているのは3,000円が相場とされているようです。
小学生の孫からのプレゼントであれば、お菓子1つなどでも良いと思います。

気持ちが大事になるので、それぞれの経済力で購入できる相場を検討しましょう。

多くても、5,000円くらいの人が多いようです。

お勧めのプレゼント5選

お金をかけないものから、人気のプレゼントまでをさっそく5つ紹介します。

孫からの手紙・電話

1番嬉しいプレゼントは、子どもの子ども=孫からの手紙や電話!

おじいちゃんの似顔絵を描こうかな〜!

 

お金をかけて準備をするのも嬉しいけれど、孫のお手紙や電話・・・理想を言えば、会いに行くことが1番です。
孫と元気に暮らせること、これが1番の敬老の日です。
近ければ、少しでもよいので時間を作って会いに行きましょう。
福岡ならば、鈴懸の和菓子ひいらぎのたい焼きなどを持参するのもおすすめです!

元気な姿を見せるだけで、嬉しくて笑顔いっぱいの
おじいちゃん・おばあちゃんが想像できます。

会えない方は、お子様と手紙を書くのもお勧めです。
さらには、似顔絵も喜ばれるプレゼント!
保育園や幼稚園でおじいちゃん・おばあちゃんの似顔絵を描いて、持って帰ってくるところもありますよね。

「おじいちゃん、いつもありがとう」
「おばあちゃん、いつまでもながいきしてね」など、お勧めの言葉を添えたお手紙も嬉しいです。

名入れギフト

敬老の日には、名入れギフトも人気です。
普段使いのできる、日用品はもらってすぐに使えておすすめです。
 

プレゼントといえばの『花束』

誰だって、いつでももらって嬉しいのは花束です。
普段なかなか渡せない花束も、敬老の日には気軽に渡せるものです。

自分で花束を組んでみるのも、心がこもるプレゼントになるかもしれませんね!

敬老の日の花束の注文はここから

旅行券や温泉旅行

 
湯布院温泉宿の予約はこちらから

遠いところでなくても良いので、近場でゆっくりできる温泉地などのプチ旅行を贈ってみましょう。
家から出て過ごすよい時間になりそうですね!

美味しいグルメ


美味しいグルメのお取り寄せサイト

普段なかなか食べない、グルメを贈るのもおすすめです!
孫たちが遊びに来るときには、美味しいものを準備して待ってくれているおじいちゃん・おばあちゃん!

敬老の日には逆の立場で、美味しいものを贈ってみましょう。
歳をとると欲がなくなってきますが、美味しいものは格別です。

敬老の日のプレゼントを準備して、感謝の気持ちを伝えよう!

  • 2022年の敬老の日は9月19日(月・祝日)
  • 敬老感謝の日に、日頃伝えられない感謝の気持ちを伝えるためにプレゼントを選んでみよう
  • 敬老感謝の日にもらって1番嬉しいのは、気持ち。お金をかけるのであれば5,000円が相場とされている
  • 名入れギフトや花束などは敬老感謝の日のギフトとして例年人気の商品
  • 暮らしを豊かにする、グルメや旅行なども普段よりも特別な時間を過ごす敬老の日のギフトとしておすすめ

敬老の日までまだ時間があります。今年は、感謝の気持ちを敬老の日にギフトで伝えてみましょう。
別記事では、手作りでブリザーブドフラワーを使ったブーケの作り方も紹介をしていますので参考に。

秋の暮らしを豊かにしたい人は、こちらもチェック!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。