能古島絵付け 子どもと能古島アイランドでオリジナル作品を作ってみた!

能古島ももうすぐコスモスで賑やかになる季節になろうとしています。

コスモスの時期のコスモス畑からのぞむ市内をみた風景は、福岡?!と思うくらいのどかな風景ですよね!

その能古島の中にお勧めのワークショップがあるのはご存知ですか?

 

子どもが、必死に作品作りができるところがあるって!
能古島で、絵付けのワークショップができるみたいよ!

 

お絵描き、塗り絵・・・大好きなことで作品を完成させる体験に秋にはでかけてみましょう!

能古島で、子どもとオリジナル作品を作ってみたので紹介したいと思います。

「やりたい」「自分でできる」の時期の体験

4歳になってから、手伝って良かれと思って準備をしようとすると「できる!!」「自分でできるから、ママがやらないほうが良かった〜」と言うことも多くなりました。

「やりたい」を見守る時期、手伝おうとするとかえって子どもが泣き出したり、怒ったりするようになることがあります。

そんな4歳くらいからの時期には、自由に好きなことをさせる時間をたくさん作ってあげたいもの。

それにぴったりなイベントがワークショップ。

難しいワークショップだと、なかなか思うようにできずにそれで泣き出したり、悔しい気持ちになることもあるかもしれないです。

だけど、逆に割と好きにできて自由にやれることだと子どもも楽しく過ごせます。

 

ママもストレスフリー!!

 

家でカラーペン・・・少し戸惑うかもしれないですが、ワークショップの会場では気兼ねなくカラーペンを楽しませることができるかと思います。

そんな環境で、体験ものをさせてみるのもアリかと思います。

能古島の絵付けでは

  • 子どもが自由に自分で作品を作れる
  • カラーペンを使用しても、周りに配慮しなくて気にせず使うことができる
  • 体験型のイベントに外にお出かけをして楽しむことができる

幼児期のやりたいの環境の、ニーズを叶えてくれる時間になります。

能古島の絵付けのお店の前で「これやりたい!」

絵付け陶器選びパノラマ花壇に行く途中の、楽焼のお店の前を通ると可愛い陶器が並んでいました。

友達のママが

 

可愛いくまさんだね!これ色をつけれるって!
色塗り好きだからやってみる?
この前やった時も、じいじとばあばのプレゼントでとっても喜ばれたよね!

 

そう声かけすると「これやりたい!!」と必死に手を伸ばし出した子どもたち。

作ることは子どもも大好きですよね!!

楽焼のお店でオリジナル作品作り

能古島での絵付けの様子予約なしで、お店に入って店員さんに声をかけると絵付け体験ができます。

作品は、お皿や貯金箱、灰皿などいろいろなものが選べます。

子供に嬉しい、車や飛行機の形もありました。

クマの絵付け体験

能古島絵付け体験いろんな形の中から有田焼のフィギュアブランドのmomocoのベアを選んだ子どもたち。

楽焼ペンで綺麗に色塗りと絵を描きながら必死にワークスタート。

途中ペンの取り合いで言い合いをしたり、「僕の方が綺麗な色!!」と言い合いをしたりしましたがそれでもとっても楽しそうに色塗りをしていました。

少し離れた椅子で、ママたちは眺めていてお手伝いはせずに見守りました。

 

ベア、柔らかいカーブでとっても優しい感じ。
飾ったら可愛いだろうなぁ〜♪

 

離れてみると、客観的に見ることができて楽しいですね!

子どもが塗る色を見ながら、子どもが好きな色を想像したり・・・

必死に取り組む子どもの様子に、成長を感じたり・・・。

いろんな親の気づきもありました!

 

それにしても、こんなに必死に絵付けをするなんて・・・。
楽しいんだろうなぁ♪

 

絵付けは、カラーペンで色を自由に塗る作業なので一緒に行っていた3歳前の子どもでも問題なくできました。

細かい作業も特別ないので、陶器をテーブルに置いてペンを使って色を塗る作業は子どもだけでもスムーズ。

安心して絵付け体験ができます。

当日お持ち帰り

楽焼momoko絵付けが済んだら、オーブンでの焼き付け作業があります。

2時間(季節によって異なるので店員さんに確認が必要)くらいで持ち帰ることができるので、園内の散策をして楽しみました。

当日確実に持ち帰りをしたいのであれば、能古島アイランドパークについてから早い時間で絵付け体験をすると安心ですね!

私たちは、絵付けを済ませてから

芝の広場へ向かってパノラマ花壇前でソフトクリームを食べて過ごしました。

途中お友達が、バーベキューハウスでバーベキューをしているのに遭遇したためにアスレチックを一緒に楽しんだりしているとすぐに時間は過ぎてしまいました。

帰りに、楽焼に立ち寄って受け取りをしました。

自分の作品が気になる子どもたちは、受けとってすぐに丁寧に袋に入れてあったベアちゃんを取り出して手に持って歩いていました。

料金

料金は、2,000円でした。レジでお支払い!!

それぞれの作る絵付けのものによって値段が変わってきますので、お店でお値段は確認をお願いします。

焼き付け後に郵送もしれくれるそうなので、時間の都合上郵送を希望する場合や贈り物としての作品作りの場合には送料も必要になります。

家で飾る

能古島アイランドパーク楽焼子どもは自分の作品を飾ってもらうことはとても嬉しいことのようです。

絵も、お安いものでもよいので額に入れるとそれはそれはもうご機嫌。

同じように、完成したベアちゃんもしっかり目立つ場所に飾りましょう!!

そして、声かけをすることで子どもの感性も高くなると思います。

 

この、ここのところのいろがいいでしょう?
ママのすきないろをつかったんだよ!

 

子どもも得意げに説明してくれました。

まとめ

能古島で4歳の子どもとその保育園のお友達家族と、絵付け体験を行ってオリジナル作品を作ってみました。

  • 幼児期はやりたい!の意思が強い時期でその時期の体験イベントは貴重
  • 能古島アイランドパークでは、絵付けの体験ができる
  • 楽焼ペンで色塗りをするだけの、簡単なワークショップ
  • 当日お持ち帰りもできて、家でも飾って自分の作品を楽しめる

福岡のママで、ワークショップ形式でいつでもできるところを探している方にお勧めです。
能古島の絵付け体験は、体験に集中したあとも思いっきり広場で体を動かすこともできるので1日を楽しく過ごせそうですね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。