カメラと旅する暮らし

秋に向けて『一眼レフカメラ』を始めよう!カメラと旅する暮らし

携帯があるから、大丈夫!
それも1つの考えですが、1枚を魅力的に撮ってみたくありませんか?

カメラ女子や、一眼レフやミラーレスカメラが人気になり始めたのは随分昔です。
今でも人気の一眼レフカメラブームにのって、自分だけが撮れる写真を撮ってみましょう。

一眼レフカメラに関する知識から、カメラと旅するように暮らす日々を紹介したいと思います。

一眼レフカメラと旅をしよう!

一眼レフカメラがあれば、見るものが意識をして目に入っていくチャンスがあります。

普段見ている景色を

  • きれいに撮りたい
  • もっと楽しそうに撮りたい
  • 1番いい感じに撮りたい

と思います。

その時点で、普段とは違った視界の中の風景があります。

見ようとするもの、そこにしか見えない景色を探しに一眼レフカメラと旅をしましょう。

一眼レフカメラと携帯の違いは、1枚にかける思い

「携帯があるから、携帯でいい!」
それも1つの考えで、悪くないです。1枚にかける思いをもっと強く持てるように、一眼レフカメラを手にしてみましょう。

一眼レフカメラは楽しめる

一眼レフカメラは、見たことがあるかもしれませんがボタンがたくさんあります。
設定を楽しんだり、変えながらよりきれいな写真を撮る器械です。

携帯で、撮るのよりも撮る“技”を考えながら撮影を行います。
その過程で、楽しめるのも一眼レフカメラの魅力です。

また、携帯で撮ったもの撮って終わり!となることも多いです。
だけど、一眼レフカメラで撮ったものは、家に帰ってからパソコンで見たりしたくなります。

また、携帯を持ってわざわざ遠い山まで撮影に出かけたいと思うことはないと思います。だけど、一眼レフカメラのある暮らしでは、“撮りに行きたい”と暮らしにカメラがあるからこその時間が生まれます。

一眼レフカメラを持って、暮らしを楽しみましょう。

携帯と比べた、画像の大きさが魅力

一眼レフカメラの画素数は大きいです。これから、高画質がますます進む中、写真を大画面で見た時や印刷にかけると、携帯の画像だと目が荒くてきれいではありません。

一眼レフカメラの画素数だと、カメラで見た画像とほとんど変わらない“きれいな画像”をいかせます。

撮ったあとにしっかり使いたいのであれば、一眼レフカメラに魅力があります。

一眼レフのサイズと存在感

一眼レフカメラは、携帯に比べるととても大きいです。重さも、なかなかのものです。
そして、お値段もなかなかのものです。

それを考えると、簡単に始めよう!なんて思うことは難しいかもしれません。
ですが、今はカメラのレンタルが進んでいるのでレンタルしながら自分が本当に使いたいカメラを決めるのも1つの方法だと思います。

私が一眼レフカメラを使い出したのは、もう20年以上前。
今のようなレンタルは進んでいなかったので、とても羨ましい話です。

高い買い物、じっくり検討してから自分にあった一眼レフを選んでみましょう。
また、レンタルすることで本当に自分の暮らしに必要なのか、感じることができると思います。

一眼レフカメラのおすすめ『Canon EOS kissX10

一眼レフカメラといっても種類やメーカーも色々あります。私はCanonの一眼レフカメラを3台持っています。
それでも、今ニコンに興味があるのと、いつかライカを買いたい。(憧れです。)

そんな私が、初めてにおすすめ一眼レフカメラは『Canon EOS kissX10

キヤノン|CANON EOS Kiss X10 デジタル一眼レフカメラ ブラック EOSKISSX10BKWKIT [ズームレンズ ズームレンズ][EOSKISSX10BKWKIT]【point_rb】

価格:115,500円
(2022/8/16 10:15時点)
感想(4件)

一眼レフといえば、Canonかニコンのイメージですが、Canonはカメラの使い方の雑誌がより多いです。なので、初心者が一眼レフカメラを使うときに色々調べやすいことも多いです。
これだけ、ネット情報が便利な世の中になっているので甲乙は付け難いかもしれませんが、それでもやっぱり紙媒体の雑誌や解説誌はCanonのほうが多いです。

なかでも、KissXシリーズは初心者でも使いやすいように作られています。
私も初代のカメラはKissX3でしたし、今でもよく使用することが多いです。

今の最新のKissXシリーズが「Canon EOS kissX10 」です。

秋に向けて被写体が楽しみ!

これからの季節は、楽しみな被写体が増える時期でもあります。
秋は、紅葉や秋の花がたくさんの”カメラと旅したい”季節!
旅といっても、暮らしの中でカメラを持って出かけようというスタンスでの旅。秋を楽しむ準備をしましょう。

紅葉の紅をきれいに撮りたい

紅葉シーズン、きれいに撮影をできるようになりたいですよね?
秋になる前に、一眼レフを持って旅をしましょう。紅葉をきれいに撮れるように、一眼レフをうまく使えるようになっておきましょう。

京都に旅行の計画を立てながら、一眼レフカメラをマスターする暮らし。
今の時期、おすすめです。

秋の花をたくさん撮りたい

秋といえば、コスモスや彼岸花など、一眼レフカメラファンにとって楽しみな花の被写体も多いです。
優しく揺れるコスモスを自分のどの設定ならばきれいに撮れるのか、準備をしておきましょう。

また、彼岸花の紅もどうやったらきれいに撮れるのか、工夫しながら一眼レフカメラを使ってみましょう。

福岡だと、海の中道海浜公園や能古島が人気の撮影ポイントです。


都心近くでは、国営ひたちなか公園などでしょうか・・・。

実りの秋、美味しいものも美味しそうに撮りたい

美味しいものも多い秋は気候も良く、でかけて美味しいものを食べる機会も増えます。旅行先で美味しいものを美味しく撮ってみたいと思う秋にも、一眼レフカメラの魅力があります。

秋のグルメ旅を計画しながら、一眼レフカメラで日々の家でのご飯を撮りながら“食欲の秋”も満喫したいですね!

料理写真の撮り方は、時々サイト内でも紹介をしています。

秋に向けて、一眼レフカメラと旅する暮らしの準備をはじめよう!

  • 1枚の重みや思いのある写真が撮れる一眼レフカメラは、これから秋に向けて準備をしたいアイテム
  • 一眼レフカメラは、携帯カメラに比べて画素数もよく、これからの時代の高画質に対応できる
  • 一眼レフカメラは、撮る暮らしを楽しむ魅力がある
  • 一眼レフカメラは、レンタルもできるので1度レンタルをして自分や暮らしにあって必要なものかを検討してみる
  • 一眼レフカメラ初心者におすすめしたい、CanonのEOS kissX10
  • 秋は、自然も豊かで紅葉や秋の花、美味しい食べ物などの被写体に魅力があり、旅行計画も立てながら一眼レフカメラを使えるようになっておきたい季節

秋に、一眼レフカメラを持って旅をしましょう。一眼レフカメラのある暮らしを、これから始めてみましょう。

暮らしを豊かにしたい人におすすめの記事は、こちら!

関連記事一覧

  1. マロンコクトー

    カメラは道具です どのように使うかは本人次第
    私もフィルムはシノゴのみになりました
    大半のフィルムカメラは順次処分していく次第です
    ライカも年末年始ぐらいかな 処分が内定しています
    今のカメラは基本ロクヨンゴが主体であとは35㎜フルサイズ
    何をどう使うかは 現場の状況によって判断する
    カメラは道具です 使い手によって どうにでも変わります

    • pictures

      こんにちは
      コメントどうもありがとうございます。カメラ、使い手によってどうにでもかわるのが楽しいところですよね!一生飽きない道具を持って、毎日の暮らしを旅したいです。
      また色々教えてください。
      学生時代のフィルムカメラが懐かしいです。ライカを購入するきっかけは何でしたか?何か自分の中で、写真に対する思いが変わったりしますか?