• JAPAN
  • 国内の旅行情報。
  • HOME
  • ブログ
  • JAPAN
  • ハウステンボスの夏だ! 流れるプールに出かけて夏休みを泳ぎ倒そう!!

ハウステンボスの夏だ! 流れるプールに出かけて夏休みを泳ぎ倒そう!!

今年もハウステンボスのプールの時期になりました。
ハウステンボスは、夏になると人気のプールエリアがオープンします。魅力あふれるプールエリアで夏の思い出の水遊びを満喫しに行くのは子どもたちに取って大きなイベント。
楽しいイベントもたくさんのハウステンボスへ宿泊でプールを楽しみたいですね。
子どもと一緒に楽しいハウステンボスに出かけてみましょう!

ハウステンボスのプールはどこに出現?!

ハウステンボスのシンボル的建物のタワーシティのドムトールン展示室の横に出現
高さ10mのメガスライダーとガーデンプールがあるのですぐにわかるかと思います。
更衣室もタワー下に設置されています。
自由に入場してよくて、鍵付きのロッカーも設置されています。
荷物を入れて鍵を持って、サンダルを履きかえてガーデンプールへゴー‼︎ 

ガーデンプールに行くときの心得、これは準備しよう‼︎ 

ハウステンボス浮き輪

あれ!忘れたでもいいけれど、あると便利なものを紹介したいと思います。

持参した方がいいものがある、それはコレ!!

  • 水着
  • ゴーグル
  • 日焼け止め
  • サンダル:更衣室からプールへの移動と、プールに入っていないエリアの人工芝やその他の場所は足の裏が少し痛いかも。
  • タオル:プールエリアには要らないかもしれないです。
  • 飲み物:エリアでも販売されてはいますが、並ぶことも。子連れだとプールに入りたい子どもの気持ちが先かも。
  • プール用の濡れても良い帽子
  • 写真を撮るなら防水の携帯、i phoneは良いが防水機能がなければ保護カバー
  • 飲み物や食べ物をガーデンプールで買うなら携帯端末もしくは、お金

浮き輪は箇所箇所にありますので、もし子どもが自分用でないと泳げない‼︎ と言わないのであれば荷物になるので不要かと思います。


 

泳がない人の心得、準備周到で! 

泳がない人こそ、しっかり準備をして行こう。とても暑いです‼︎ 持参したほうが、良いものや注意点について説明したいと思います。

  • ペットボトルの飲み物と暑さ対策。
    私も1日見学をしたのですがペットボトルは1本すぐに無くなりました。
    プールに入った人曰く、プールに入れば涼しいですが入らなければとにかく暑いです。荷物を預かったりすれば一人でなかなか買い物に出るために場所を離れることもできないために、買いに行くのも難しいことも‼︎ 荷物もできるだけ不要なものは、ロッカーに預けて来てもらいましょう。
    日焼け止めはしっかり塗るのと帽子は準備をしておきましょう‼︎ 
  • 入り口を入るときには、向かって右側を通りましょう。ミストがかなり強くて濡れます。
    私はカメラを持参していったのですが、入場ゲートはミストエリア。かなり強めのミストが出ていますので右側を通りましょう。
    間違って左側を通るとかなり濡れることに‼︎
  • 涼しいエリアの椅子で場所を取りましょう。
    お勧めは、流れるプールエリアであれば入ってすぐ右のベンチ。木で唯一日陰になっていたようです。
    暑さが全然違います。
    奥であれば、傘付きのテーブルエリアがたくさんありますのでそこもお勧めです‼︎
  • 流れるプールエリア近くでは洋服は濡れると思ったがマスト。
    定期的に出るプールの噴水が風に載ってかなり流れることがあります。
    周りを歩いていたり、風向き次第ではベンチまでたくさん飛沫が飛んできます。最悪、濡れても良い格好の持参をお勧めします。

違う季節のハウステンボスの楽しみ方

写真を撮るのにお勧めなポイントがある

ガーデンプール浮き輪

    • ガーデンプール周囲は噴水の機材のために一周プール真横からは見れないようになっています。少し離れた場所からは少し撮りにくい!!そんなときにお勧めの、監視台からの撮影。ここだと上からでしっかり撮りやすいですし、プールに入っていく人たちも通れるので立ち入りも自由です。
    • 休憩直後の入水でプールを独り占めした撮影をしてみよう。
      休憩では一旦みんなで外に出る必要があります。なので、休憩直後に一番最初に入ってプールを独占した写真を撮ってみましょう。
      ちびっこガーデンエリアの滑り台などは1人ずつ滑るので、自由に独り占めした写真が撮れます。

 

ハウステンボスの流れるプール

ぐるぐる流れてみよう‼︎
見た目ではそう感じないのですが、思った以上に流れそうですね‼︎

浮き輪が浮いているものは、自由に使って良いそうです。
スシローの黄色とスケルトンのブルーに、ピンクのスワン(競争率高めの少なめ)と激レアのスイカのシート(1つしかなくて超レアもの)があります。
流れながらぐるぐる回ります。

途中定期的に噴水が周りから出て、ビショビショに!!
それも楽しそうでした。
内側の丸いエリアと外側の流れるエリアはプール自体の深さは同じだそうです。
だけど水の量を変えてあるので、内側は少し浅くて小さい子どもが多いそうです。

小さい子でも安心、ちびっこガーデンのエリアも充実

子どもが4歳で身長制限のために、メガスライダーは滑れなかったのですがちびっこエリアも充実していました。
小さい子ども用のプールや動物の滑り台もあり、奥のエリアも楽しめます。
ワニの滑り台、とても楽しそうに滑っていました。

小さい子ども用のプールでは可愛いユニコーンの浮き輪もありました。
小さいプールだと好きに遊べるので、子どもも大人も安心ですね‼︎ 

近くでは、人工芝のエリアで噴水も出ていたのでそこで遊んでいた子どもも居ました。

休憩に水分補給をしながら過ごそう

ハウステンボスかき氷

飲み物もありますが、夏といえばかき氷。
子どもはミックスかき氷を注文
不思議な色でした〜!!

だけど夏って感じがしますね‼︎ 
休憩が定期的にアナウンスがありますので、そのときには一旦プールから上がる必要があります。
もし流れるプールで浮き輪を狙いたい人は、休憩の終わりがタイミンングですね‼︎

思った以上に暑いですので、水分補給はしっかり行うようにしましょう!!

プールから上がるときには、シャワーを浴びて出よう

流れるプール隣に、シャワー室があります。
塩素で痒いと子どもが言うこともあるので、しっかりプールの水は流してから出るようにしましょう。
ちなみにトイレも、入場ゲートを出たところにきちんとしたトイレがありますのでサンダルに履き替えて行くことができます。
トイレもそう待つこともなく利用できました。

合わせて読みたいお勧めの旅

ハウステンボスのガーデンプールのまとめ

  • ハウステンボスのガーデンプールはリゾートプールが開催中で、9月10日まで楽しむことができる。
  • 流れるプールが一番人気で魅力的、浮き輪で流れて遊ぼう
  • ちびっこガーデンもあるので、小さい子どもから楽しむことができる
  • 美味しい飲み物を買って、ガーデンカフェを満喫しよう
  • 入水しない人こそ、準備周到で望む必要がある

今年も楽しくハウステンボスの夏を満喫できますように‼︎ 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。