暮らしをデザインしよう!

沖縄

【卒業旅行で沖縄】社会人になる前に友達と楽しい旅を計画したい!

ついに卒業!

社会人になる前に、新しい進学先で別れる前。

旅行に行きたい!

 

3月のおすすめは、沖縄。

沖縄は、寒さも落ち着き楽しめるスポットもたくさんあります。



若さで、楽しめるマリンスポーツも満喫。

撮って食べて、楽しい思い出を作りましょう!

 

きれいなブルーの海と、友達とたくさん楽しい思い出を撮影して楽しむ旅を紹介!

[st-div class=”” margin=”0 0 -5px -5px” padding=”0 0 0 0″ add_style=””][st-minihukidashi webicon=”st-svg-check” fontsize=”” fontweight=”bold” bgcolor=”#FFECB3″ color=”” margin=”0 0 0 0″ radius=”30″ position=”” add_boxstyle=””]こちらもCHECK[/st-minihukidashi][/st-div][st-card myclass=”st-card-minihukidashi” id=”16301″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”” webicon=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

海も楽しめる旅行を計画

卒業旅行を計画したい。

友達と楽しめる旅行先は、海のある沖縄を計画してみましょう。

 

今回は、車を使わずに楽しめる沖縄旅行を紹介します。


レジャーを楽しみたい3月、沖縄がおすすめ

少し暖かくなっても、まだ冷えのある日本。

沖縄は温暖な気候で過ごしやすくなります。

 

飛行機に乗って、旅を楽しみたい人におすすめ。

“沖縄”

 

たくさんの楽しい思い出が作れる、観光やレジャーの多い県。

沖縄本島でもよいし、離島でもよいので旅を計画しましょう。

まず決めることは、離島にするか本島か

旅行日程にもよりますが、まず最初に決めるのは行程。

 

2〜3泊くらいなら、本島から離島かのどちらかにしましょう。

4〜5泊あれば、どちらも行くことも難しくはないです。

 

日程と相談しながら、計画を立ててみましょう。

 

[st-mybox title=”” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 本島=那覇空港
  • 離島=石垣空港ほか

[/st-mybox]

 

本島(那覇着)でもじゅうぶん海は楽しめます。

本島だけの旅




本島だけの旅は、車がなければ那覇近郊での旅です。

北部への移動は難しいので、レンタカーを利用できればおすすめします。

 

もしくは、ホテルが運行しているリムジンバスで移動。

移動後は、ホテル近郊で計画を立てるのもいいですね!

ホテルだけを満喫するのもアリでしょう。

 

あとから、本島からの特別な旅も案内しますね!

沖縄本島の航空券付き予約はここから



離島だけの旅

離島だけの旅も、楽しめます。

 

離島には、魅力的なホテルも多いのでホテルも楽しめます。

離島のおすすめは、石垣島。



石垣島のフサキビーチリゾートホテル
は、楽しめる要素がたくさん。

ホテルについては、別記事があります。

こちらを参照。

 

石垣島は、レンタカーがあってもよいですが無くてもバスやタクシーで十分。

ホテルまでは、リムジンバスで移動。

 

ホテル近くを散策してもよいでしょう。

日帰りの竹富島散策や、マリンスポーツで過ごすのもイイですね!

 

卒業旅行に、フサキビーチリゾートホテルは最高です。

 

竹富島に宿泊をするのもいいですが、星のやしかありません。

 

星のや竹富島で2泊くらいならいいかもしれないです。

2泊以上になると、アクティブに活動したい人には少し物足りなく感じる竹富島です。

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”5095″ label=”参考” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

便宜上と、ホテルの値段から考えると『石垣島』宿泊をおすすめします。

本島と離島の旅

どちらも旅をしたい人。

最低でも4泊は予定しましょう。

 

2泊ずつが理想です。

もっと長ければ良いですが、3泊で移動をするとゆっくりする時間も少なくなります。

 

飛行機は、搭乗手続きやチェックインなどにも時間が必要なこと。

忘れないようにしておきましょう。

本島だけに決めた人の計画

本島に決めた人は、那覇空港に発着です。

本島を楽しみましょう。

滞在地の選択

まず第1に、これを決めましょう。

選択肢としては2つがおすすめ。

[st-mybox title=”” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • A:空港近く〜那覇市内宿泊
  • B:空港から離れて、リゾートホテル(中部〜北部)宿泊

[/st-mybox]

A:那覇〜空港近く

[st-minihukidashi webicon=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#FFB74D” color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″ radius=”” position=”” myclass=”” add_boxstyle=””]できること[/st-minihukidashi]

  • かりゆし水族館などの那覇エリアを楽しめる
  • 那覇市内の観光
  • 本島からの離島旅

車がなければ、こちらがおすすめ!

那覇市内では、美味しい料理もまわれます。

また、ここがポイント。
離島にいかなくても、離島のような島でレジャーを満喫可能。

B:大移動をしてリゾートホテルエリア

[st-minihukidashi webicon=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#FFB74D” color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″ radius=”” position=”” myclass=”” add_boxstyle=””]できること[/st-minihukidashi]

  • ホテルが魅力の、リゾートホテルを満喫
  • 場所次第では、公共手段を使った観光

ホテルを重視したい人は、こちらもおすすめ!

ホテルまでの移動は、ホテルのリムジンバスが使えることもあります。

ホテルによっては内部施設が充実していたり、ホテルが運営や提携するマリンアクティビティーがあります。

 

那覇市内〜空港近くに宿泊時の計画(A)例

[st-minihukidashi webicon=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″ radius=”” position=”” myclass=”” add_boxstyle=””]初日[/st-minihukidashi]

那覇空港到着後、バスでかりゆし水族館へ移動。

移動後、荷物を預けて水族館を満喫。

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”5660″ label=”参考” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

同施設に、海辺のアスレチックもありますしショッピングモールも楽しめます。

その後、荷物を回収してホテルに移動。

 

 

ホテルは、OMO沖縄那覇もお手頃で楽しめます。

ホテルから、歩いて食事に国際通りへ向かうのも良いでしょう。

食事どころのおすすめ:首里天楼国際通り(沖縄料理が食べられます。)

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”8026″ label=”参考” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

 

 

[st-minihukidashi webicon=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″ radius=”” position=”” myclass=”” add_boxstyle=””]2日目[/st-minihukidashi]

離島に行って、マリンアクティビティー(要予約)

座間味島へ、高速船もしくはフェリーで移動。

移動後は、シュノーケルやSUPを満喫。(要予約)

島を満喫して、帰路で那覇へ。

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”6519″ label=”参考” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]
[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”385″ label=”参考” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

 

[st-minihukidashi webicon=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#4FC3F7″ color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″ radius=”” position=”” myclass=”” add_boxstyle=””]3日目[/st-minihukidashi]

朝食をポーたまで散策。

(2泊3日の場合)荷物をまとめて、早めに空港に移動後お土産探し

(3泊4日の場合)観光地を選んで好きな任意の場所を楽しむ。

 

那覇に宿泊すると、那覇港から本島からの船で離島に行けます。

あの慶良間ブルーと言われる海に、日帰り旅も可能。

 

びっくりするくらい、港近くは渋滞の毎日。

必ず離島を検討する人は、徒歩で行けるもしくは1時間前に着くつもりで計画をしましょう。

 

あの渋滞は想像以上ですよ。

OMO沖縄那覇からは、若ければ歩いて行けます。

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”4173″ label=”参考ポーたま” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]
[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”5736″ label=”OMO沖縄那覇” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

リゾートホテルに滞在予定(B)例

初日:那覇到着後、リムジンバスでホテルに移動

オリエンタルホテルやハレクラニなどのホテルも魅力的です。

ハイアットリージェンシー瀬良垣なども人気ですね。

オリエンタルホテルなら、宿泊経験があるので紹介。

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”6862″ label=”参考” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

夜は、事前予約をして焼肉のNAKAMAへ。

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”7354″ label=”参考” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

2日目:朝からホテル内バイキング

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”5690″ label=”参考” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

3日目:ハレクラ二まで、モーニングに出かける。

離島だけに決めた人の計画

今回は、計画が立てやすい2つの離島を紹介します。

石垣島と、竹富島での計画を立ててみましょう。

石垣島滞在の計画

とにかくゆっくり過ごしたい人は、竹富島(星のや)でも良いです。

[st-div class=”” margin=”0 0 -5px -5px” padding=”0 0 0 0″ add_style=””][st-minihukidashi webicon=”st-svg-check” fontsize=”” fontweight=”bold” bgcolor=”#FFECB3″ color=”” margin=”0 0 0 0″ radius=”30″ position=”” add_boxstyle=””]こちらもCHECK[/st-minihukidashi][/st-div][st-card myclass=”st-card-minihukidashi” id=”5095″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”” webicon=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

それ以外の人は、石垣島がおすすめ。

 

ホテルだけでも、楽しめるホテルがあります。

ホテル以外の楽しみも、気分でできるものがあります。

石垣島のおすすめホテル

石垣島滞在なら『フサキビーチリゾートホテル』がおすすめ!

ここで完結するくらい、魅力のあるホテルです。

[st-div class=”” margin=”0 0 -5px -5px” padding=”0 0 0 0″ add_style=””][st-minihukidashi webicon=”st-svg-check” fontsize=”” fontweight=”bold” bgcolor=”#FFECB3″ color=”” margin=”0 0 0 0″ radius=”30″ position=”” add_boxstyle=””]こちらもCHECK[/st-minihukidashi][/st-div][st-card myclass=”st-card-minihukidashi” id=”2650″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”” webicon=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

[st-mybox title=”” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 魅力あふれるバイキング
  • ホテル内の充実したプール施設
  • おしゃれな、バーやカフェ
  • リゾート感ある宿泊エリア
  • 海辺まですぐ、朝日と夕日に海岸が楽しめる
  • フサキビーチ(プールから10秒)の海には、膝の高さで熱帯魚がたくさん

[/st-mybox]

滞在するだけでも良さそうですが、滞在に他の日程も組めます。

1日は、マリンアクティビティーを申し込むのも良いでしょう。

もしくは、竹富島への離島日帰り旅もできます。

[st-div class=”” margin=”0 0 -5px -5px” padding=”0 0 0 0″ add_style=””][st-minihukidashi webicon=”st-svg-check” fontsize=”” fontweight=”bold” bgcolor=”#FFECB3″ color=”” margin=”0 0 0 0″ radius=”30″ position=”” add_boxstyle=””]こちらもCHECK[/st-minihukidashi][/st-div][st-card myclass=”st-card-minihukidashi” id=”2718″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”” webicon=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

1日目:移動日、石垣空港からバスでホテルに移動

移動後ホテル内散策、泳げる時期ならプールと海を楽しむ

2日目:竹富島の日帰り旅

レンタサイクルを借りて、水牛ツアーと星の砂で有名な海水浴場を散策

ホテルのディナー(予約をしておきましょう)

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”2672″ label=”参考” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

3日目:移動時間まで、ホテルで泳げるならプールと海遊び

空港に移動後、お土産購入をして帰路へ。

4日の人や、2日目の代替で竹富島ではマリンアクティビティーもおすすめです。

離島は、シュノーケルでもウミガメが見れることがあります。

実際に、私も2年連続ウミガメが見れました。

離島と本島に旅を計画

どちらにも滞在したい旅を計画する人は、上記をうまく組み合わせて計画を立てましょう。

ただし、移動時間が長くなります。

 

疲れを取れるだけの、ゆったりした計画を立てましょう。

予定が増えれば、予定通りにいかないことも増えます。

 

必ずやりたいことを優先して、予定を立てましょう。

 

1番やりたいことを、優先した計画を立るほうが計画はうまく行きます。

 

本島も、那覇近くで滞在。

離島はゆっくりホテルでの滞在がおすすめです。

旅の計画と同時に進めたい、計画以外の準備

旅行は、楽しみたい!

そんな旅におすすめのグッズも、同時に準備をしましょう。

旅にあると助かるもの、テンションが上がるものを紹介します。

1.モバイルバッテリー

これは、ないと逆に困るものです。

最低1つは持っておきましょう。

 

コンセントを見つけたら、バッテリー補充。

移動時間は、携帯につないで充電をしながら過ごしましょう。

 

普段から使えるので、あると便利です。

[st-div class=”” margin=”0 0 -5px -5px” padding=”0 0 0 0″ add_style=””][st-minihukidashi webicon=”st-svg-check” fontsize=”” fontweight=”bold” bgcolor=”#FFECB3″ color=”” margin=”0 0 0 0″ radius=”30″ position=”” add_boxstyle=””]こちらもCHECK[/st-minihukidashi][/st-div][st-card myclass=”st-card-minihukidashi” id=”10149″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”” webicon=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

2.カメラ

携帯カメラでも十分楽しめます。

だけど、せっかくなら“いいカメラ”で楽しみたい。

 

残したいメモリーは、イイショットがいい!と思う人も多いでしょう。

カメラは、使いやすいミラーレスカメラも便利。

【おすすめミラーレス4点セット】新品/キヤノン(Canon) EOS KISS M2 BK ブラック ダブルレンズキット 15-45mm/22mm (Wレンズキット)(4725C004) ミラーレスカメラ デジタルカメラ ミラーレスカメラ デジタル一眼 入門(デジタルライフ)(ラッピング不可)

パナソニック|Panasonic LUMIX GF10ミラーレス一眼カメラ ホワイト DC-GF10WA-W [ズームレンズ+ズームレンズ]

本格的に始めたい人は、一眼レフカメラもいいでしょう。

この機会に購入してみては?


キヤノン|CANON EOS Kiss X90 W デジタル一眼レフカメラ EF-S18-55 IS II レンズキット ブラック EOSKISSX901855IS2LK [ズームレンズ][EOSKISSX901855IS2LK]

購入せずとも、レンタルカメラという手段がありおすすめです。


防水カメラレンタル フォトブック付 3泊4日

友達とワイワイしたい人は、TOYカメラも楽しめます。



また、海をうまく撮りたい人はお手頃なアクションカメラも人気です。


そして、沖縄旅で忘れてはいけない携帯の防水保護カバーの準備を忘れずに。


「最新&1年保証付き」防水ケース 2個セット スマホ防水ケース 防水スマホケース 防水等級IPX8 指紋認証/Face ID認証対応 防水携帯ケース 完全防水 タッチ可 気密性抜群 iPhone/Android対応 6.5インチ以下全機種対応 水中撮影 お風呂 海水浴 水泳 適用 2023

水に入らなくても、海辺で遊ぶときには使えます。

3.スーツケース

スーツケースは必須のアイテムです。

これから先も旅行を好きになりたい人は、いいスーツケースを買いましょう。

 

テンションの上がる、リモワは大人気のおしゃれスーツケース。

ぜひこの機会に!


こだわりがなければ色々選べます。

レンタルのスーツケースもあります。

4.日焼け止め

3月でも沖縄は、暑い日はとても暑いです。

日焼け止めは必須。

アネッサ パーフェクトUV スキンケアジェル N 日焼け止め スーパーウォータープルーフ(90g)【アネッサ】

スプレータイプで、時々追加も手が汚れず便利です。

5.エコバッグ

お土産の購入。

ちょっとタオルを持って出たいとき。

買い物したものを入れる時。

 

洗濯物をランドリーに運ぶとき。

 

エコバッグがあれば便利です。

大きなバッグを持ち歩くのは大変。

 

携帯とお財布程度のショルダーバッグと、エコバッグを持ち歩きましょう。

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”9494″ label=”参考” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

6.ゲーム

お酒を購入。

部屋でワイワイ女子トークをしながら、ゲーム。

 

これが意外と楽しめるんですよね〜。

 

まさか?と思うならやってみましょう。

意外と盛り上がります。

手軽に持ち運べる、UNOあたりがいいかも。

あとは、複数名いればほかにもおすすめがあります。

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”1725″ label=”参考” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

卒業旅行に沖縄を計画、楽しい旅をしよう!

[st-mybox title=”まとめ” webicon=”st-svg-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 卒業旅行でおすすめは、日本でも3月に十分暖かい気候で活発な遊びもできる沖縄がおすすめ
  • 沖縄旅行では、本島から離島か、もしくはどちらもかを日程を決めてから先に決めよう
  • 本島からでも、慶良間ブルーの青い海でシュノーケルやSUPが楽しめるツアーがある
  • 石垣島への離島旅におすすめの、『フサキビーチリゾートホテル』はロケーションも施設設備もいい
  • 旅行行程を決めるのと同時に、旅に必要なアイテムも準備をすすめるのが大切

[/st-mybox]

沖縄で、友達と楽しい時間を過ごしましょう。

そして、4月からは新しい環境でやる気いっぱいで取り組めますように。

沖縄についての記事は、こちらもチェック

[st-card myclass=”st-no-shadow” id=”5611″ label=”ホテル日航アリビラ” pc_height=”” name=”” bgcolor=”#cccccc” color=”#ffffff” webicon=”st-svg-file-text-o” readmore=”on” thumbnail=”on” type=”text”]

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


サイト掲載内MAP(Google連動)

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連記事一覧

PAGE TOP
Verified by MonsterInsights