• JAPAN
  • 国内の旅行情報。
  • HOME
  • ブログ
  • JAPAN
  • 沖縄慶良間諸島の座間味へ旅しよう!忘れられない海と景色の旅行

沖縄慶良間諸島の座間味へ旅しよう!忘れられない海と景色の旅行

子どもが3歳の頃に、沖縄慶良間の座間味への旅に出ました。

息子がたくさん楽しめるプランを計画したい!と思い旅を計画。

シュノーケルをゆっくり息子のペースで楽しむ時間を持てば、満足できるのかな〜と思いながら
観光メインではない海メインの旅を検討

オーストラリアを考えていたもとの旅先はグレートバリアリーフ

国際的な感染症の流行で断念した家族旅行は、沖縄に決定しました。

沖縄本島も魅力的でしたが、本島を2泊・石垣島を2泊で予定。
残りの沖縄本島の1泊もじっくり海で過ごしたいと思い、座間味を検討ました。

沖縄の慶良間の座間味に、私が旅をしようと思った理由。

座間味にはたくさん魅力があります。

本屋で座間味の本を手に取るとわかるように、綺麗な海を楽しむには最高の場所。

そんな座間味の魅力は海!!

沖縄の慶良間諸島の座間味の綺麗な海を見たい!

座間味に行く途中、船の中で見た海の色!とても綺麗です。


あの感じは、今でもまだ忘れられません。

座間味の本を本屋で手に取ってからと言うもの、一度見てみたい海への想いは増していくばかりでした。

実際の海の色は、とても綺麗です。

写真でうまく撮れないあの青の色‼︎

沖縄の慶良間の座間味の海で遭遇できる生き物との出会いを楽しみたい。

ネットで調べると、ウミガメと出会えるチャンスも多くて、クジラも見れることがあると載っていました。

※実際に2回目の座間味への旅では、クジラのジャンプがフェリーで遭遇して近くで見ることができました。

海の綺麗な熱帯魚も珊瑚も、簡単に見ることができる!!

子どもに見せたい!!

そんな思いで慶良間の座間味に渡ろうと決心をしました。

沖縄の慶良間諸島、座間味ののんびりした時間を感じる。

座間味に行くと決めて、交通手段はフェリーか高速船。

その船内も子どもにとっては、とっても大喜びの時間となりました。

ハプニングもありましたが、それもまた思い出。
(座間味に行く際のポイントとして記事にしたいと思います。その時には、活用して頂ければと思います。)

フェリーの途中から見た、あの海の色・・・とにかく綺麗。

島に着いて、ネット予約していたアクティビティーのお店に向かう途中で、食事のお店に寄ってランチ。

全く何を話されているのかわかりませんでした。

方言って深い。

綺麗な花も咲いていました。

ちなみに、座間味に旅する前泊でお勧めしたいホテルはココ。星のやグループの便利なリーズナブルなホテル!


沖縄の慶良間の座間味では海を満喫したい。

座間味に行く前の本島で、1日目の予定を見ながら慶良間諸島の座間味島のSUPとスキンダイビングとシュノーケルのツアーを開催されているgooday zamamiさんに連絡。

SUPとシュノーケルのツアーを予約しました。

とっても写真が上手なショップです。

3歳の息子が参加できるか、確認をして1日ゆったり海予定としました。

ショップに到着後は、マリンスーツに着替えて海に移動。

私の感じた座間味の海・・・浅い〜。そして静か。

SUPから何度も海に落ちながら、進むわたし。

息子はツアーガイドさんのSUPの上から魚探しをしていました。

私はカメラを片手に、海へ潜る・・・。

そんな時間を長く楽しみました。

珊瑚もたくさんでしたよ。そして高速船で本島に戻りました。

もう一度慶良間諸島の慶良間ブルーの座間味島に行ってシュノーケルをしたい。

  • 慶良間ブルーの綺麗な島の座間味の海はとても魅力的な色。
  • 子どもと過ごすのに騒がしくもなく、海も穏やかで色んな魚や珊瑚を眺めることができる。
  • 島全体が、非日常の世界を十分に演出してくれる空や海のあるのんびりした場所。

 

慶良間ブルーという言葉が気になり、旅を決めた慶良間諸島の座間味島。
満足できる旅になりました。
今回は宿泊せず本島に戻るプランだったので、次回は宿泊も検討して更にゆっくりした座間味時間を過ごしてみたい。

是非座間味を楽しむ旅に出かけてみてください。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。