撮りたくなる暮らし

TAG LIST

福岡市

福岡最古の喫茶店ブラジレイロ|レトロな空間で食べるランチ

福岡最古の喫茶店は博多区店屋町。
そのお店の名前は『ブラジレイロ』

昭和初期、ブラジルのコーヒーを日本に広めようと全国展開された喫茶店。
それが『ブラジレイロ』で、福岡に残るお店です。

喫茶店のランチメニュー。
ハンバーグにオムライス、看板メニューのメンチカツレツ。
料理はもちろんおいしいのですが、お店の雰囲気を楽しめます。

レトロな空間で漂う、コーヒーの香り

ブラジレイロのランチ後のコーヒー

ランチ後のコーヒー

ブラジレイロは、喫茶店。
ということでお店のカウンター奥には、コーヒーを楽しむべくグラスや豆がありました。

食事が済むと、ウィンナーコーヒーが運ばれます。
13時頃になると、食後の1杯を楽しみに来店されるスーツ客も多く見かけました。

コーヒーの香りの漂う、レトロな店内。
それが居心地抜群、リラックスができる喫茶店の理由です。

ブラジレイロの喫茶メニュー

喫茶メニュー

ランチメニュー

ブラジレイロのランチメニュー

ランチメニューはこれ!お店の外に完売のお知らせが!

ブラジレイロのランチメニューは、シンプル。
お店の外にも、ランチ状況が貼り出されます。

喫茶店らしいメニュー

メニューは以下の通り。

  • オムレツライスA(少なめ)1,050円
  • オムレツライスB(レギュラー)1,150円
  • ドライカレー1100円
  • ハンブルグステーキ1,400円
  • トマトとバジルの煮込みハンブルグステーキ1,400円
  • ミンチカツレツ1,400円

すべてのメニューに、デミダスコーヒ&サラダ付きです。

追加メニュー

  • コーヒーレギュラーサイズ+200円
  • アイスコーヒーデミダスサイズ+100円
  • アイスコーヒーレギュラーサイズ+300円
  • カフェオーレ+300円
  • カルピスorオレンジジュース+200円
  • ライス大盛+150円
  • カレー・オムライス大盛+200円

11:00からスタートの洋食ランチ

10時より喫茶店は営業スタート。
そして洋食は、11時から。

10時からは、コーヒーやトーストなどモーニング営業。
コーヒーを頂くだけでも、至福の時間が過ごせそうです。

外のメニュー表で確認、ランチの在庫

ランチ時間の列を見ればわかると思いますが、かなりの人気店。
売り切れるメニューも多いです。

店舗外の壁に、メニューが貼られています。
メニュー表に“完売致しました”の文字があるかをチェック。
入店時にも確認をしましょう。

1日限定15食、1番人気ミンチカツレツ

ブラジレイロのミンチカツレツ

ミンチカツレツのメニュー

ミンチカツレツ、ダントツ人気のランチメニュー。
ラクビーボウル型がインパクト大!

誰もが、ミンチカツレツを求めてランチに向かいたいお店。
なので、ミンチカツレツが予約で完売もあり得ます。

絶対絶対に食べたい人は、必ず予約をしましょう!
15食の壁は、なかなか厳しいです。

オムレツライスA(少なめ)のランチ

ブラジレイロのオムライスAメニュー

オムライスA

1番人気のミンチカツレツは完売。
最古の喫茶店で、次に気になるオムレツライスを注文しました。

最初に運ばれてきたのが、サラダ。

サラダと同時に、カトラリーも運ばれてきました。
カトラリーが、髪ナプキンに包まれるこの感じ。
幼少時代の、百貨店最上階のパフェを思い出しました!

サラダは控えめ。
レタスと、きゅうりとトマトにパプリカを少しばかり。
そしてドレッシングもさらっと、少なめでした。

しばらくすると、オムレツライスが。
アツアツで湯気が、鉄板並みに上がっていました。

付け合わせには、大きなブロッコリー・人参・ナス・マッシュポテト。
そして、大きなタマゴのかぶったオムレツライス。
デミグラスもたっぷり!

食べてみると、アツアツ。
たまごがふんわり柔らかくて、ご飯とたまごだけでもおいしい。
それに加えてデミソースに絡めると、さらにまとまった味になります。

Aの少なめサイズを注文したのですが、ご飯はお椀1杯分はあります。
従って付け合わせと食べると、女性のほどよいサイズ感。
逆に、Bはどのくらい多いのでしょうね!

付け合わせのお野菜も、肉厚なナスがジューシー。
それに加えて、火加減が絶妙です。
さらには、ニンジンも甘味を感じました。

ランチが落ち着く頃には、コーヒーをカウンター越しに頂きました。
デミサイズのコーヒーは、1口目はブラックで。
その後に、生クリームを入れて頂きました。

香り高い、いい味のコーヒーです。
そしてカップには、” CAFE BRASILEIRO”の文字。
空間とコーヒーに癒されました。

光の入り方が好きな、1階のある店内

ブラジレイロのカウンター

カウンターの様子

ブラジレイロは、店屋町のお店。
白い建物に、懐かしさを感じるような看板のあるお店です。

外観

カタカナのブラジレイロの看板。
お店を遠くからでも、案内してくれます。

お店に入る前に、メニュー表の在庫確認を忘れずに!
そして食べたいメニューがあれば、入店しましょう。

光の差し込む店内

ブラジレイロの店内

ブラジレイロのテーブル席

お店1階は、カウンターとテーブル席があります。
2階は行けなかったのですが、テーブル席のみのようです。

1階のテーブル席には、差し込む光と影のコントラストが綺麗!
居心地のよい空間で、心地よく過ごせます。

壁には絵画。
窓辺には、観葉植物などの癒し。

カウンターの目の前には、グラス棚。

詳細情報

ブラジレイロの外観

外観は白を基調とした建物

住所 福岡市博多区店屋町1-20
電話番号 092-271-0021
営業時間 10:00〜19:00(LO18:30)
定休日 日曜日・祝日
インスタグラム こちら
2022年12月現在

レトロな空間『ブラジレイロ』で、喫茶店ランチを楽しもう

  • 福岡市博多区店屋町にある『ブラジレイロ』は福岡最古の喫茶店
  • 洋食屋らしいメニューのランチの提供は11時からで、1番人気商品は1日限定15食のミンチカツレツ
  • 予約ができるので、好きなメニューが食べたいときには事前に要予約
  • オムレツライスAはほどよい量で、アツアツのふわふわたまごが魅力のランチ
  • 喫茶店なだけあり、コーヒーが美味しくてデミコーヒーにもできる
  • 店内は1階と2階があり、1階のテーブル席は光と影が居心地の良い景色
  • 10時より営業だが、洋食メニューは11時からの提供

店屋町には、ランチ人気店も多くありますが喫茶を楽しむお店としてブラジレイロがおすすめです。
ブラジレイロでランチ、帰りにぱん屋のぺったんで家で楽しむパンを買って帰りませんか?

博多区のランチは、こちらをチェック



コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


サイト内掲載店MAP(Google連動)

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連記事一覧

PAGE TOP
Verified by MonsterInsights