• 九州
  • 九州内の旅行先についての記事を集めています。
  • HOME
  • ブログ
  • 九州
  • 新施設ファンタジーフォレストを体験!ハウステンボスのキッズエリア
ハウステンボスファンタジーフォレスト

新施設ファンタジーフォレストを体験!ハウステンボスのキッズエリア

7月16日に、長崎ハウステンボスに新しい施設がオープンしました。

その名も「キッズワールド ファンタジーフォレスト」

キッズ向けの、屋内型施設で子どもも大人も快適。

室内でも、体をたくさん使って走ってジャンプして楽しい時間を過ごせます。

新しいフォレストに出かけてみましょう。

子どもが大喜び!楽しく走ってジャンプ

ファンタジーフォレストはじまりの木ファンタジーフォレストに入ると、大きな木を囲んだ広い森があります。

大きな”はじまりの木”の下にいると、まるで自分たちが小さな動物になったような気持ち。

子どもワクワクがとまりません。

はじまりの木から広がるフォレスト

はじまりの木への入り口は3つ。

木の下から、ロープの道を通って木の上に登れる通路が1つ。

途中には、入りたくなる球体の袋も!

2つ目は、裏側にまわると広いロープを登る通路。

ハウステンボスキッズエリア内
そして3つ目は、橋を渡ってはじまりの木に入る入り口。

いろんな手段で、はじまりの木を楽しめます。

はじまりの木の中中にも面白い仕掛けや遊具があり、降りる時にはぐるっと回れるスライダーもありますよ!

水辺のとびいしから、ずずらん池の木道

水辺のとびいし水辺のとびいしは、大きくジャンプしながら遊ぶエリア。

ジャンプ!を楽しんだあとには、すずらん池の木道をかがんで通り抜けます。

ジャンプも狭いところも、子どもの大好きなコト。

笑顔もいっぱい見れますよ!

おさるのロープから森のスライダー

おさるのロープおさるのロープを登って、森のスライダーへと向かいましょう。

森のスライダーは、子どもの大好きな滑り台。

はじまりの木のツタのぐるぐるスライダーと同じ、滑り台はファンタジーフォレストの人気エリアです。

降りたら、クマのほらあなにも入ってみましょう。

森の木の葉のホッピング

飛び跳ねたい子どもの大好きな、ホッピング!

広い木の葉の上を、ジャンプをしながら過ごす子どもたち。

中のボールも気になるようです。

大人も快適な、座れるスペース

ハウステンボス休憩エリアファンタジーフォレスト内は、大人が座って休めるスペースがたくさんあります。

たくさんと言っても、早めに入場しなければすぐなくなってしまうくらいの数です。

「わぁ〜〜〜‼︎」と入って子どもが大興奮で走り出すので、子どもの方についていきそうになります。

だけど、まずは座る場所の確保をしましょう。

ファンタジーフォレストから子どもは、出ないので席を決めてから子どもを探しましょう。

小さな子どもだって、楽しみたい

ファンタジーフォレストキッズスペース小さな子どものスペース、かぼちゃのおうちもあります。

プレイマットで安心!

乗って遊ぶ道具や、布の絵本などがあります。

少し大きくなれば、ことりの巣でも良さそう!

積み上げて、楽しみましょう。

アトラクションタウンに行こう!

ハウステンボス新エリアのファンタジーフォレスト建物キッズワールド ファンタジーフォレストは、長崎ハウステンボスのアトラクションタウンにあります。

恐竜ランドのすぐそば!

恐竜ランドからのはしごでもいいですね!

ファンタジーフォレスト看板事前予約制になりますので、こちらから予約ができます。

事前予約ですが、空いていればその場で入ることも可能です。

パスポート料金に含まれていますので、料金は無料です。

1度通って、空き状況をチェックしてみてもよいでしょう。

ちなみに7月の半ばの来館、土日で予約をして来館しました。

予約がなくてもすぐに、入れそうでした。

新施設のファンタジーフォレストは、楽しいキッズエリア

ファンタジーフォレスト

  • 7月16日に長崎ハウステンボスにオープン、室内型のキッズアトラクション「ファンタジーフォレスト」
  • ファンタジーフォレストは、子どもが喜ぶ走ってジャンプをして遊べる場所
  • 室内型の施設で、子どもが遊ぶ時間は大人も座って過ごせる快適さ
  • ファンタジーフォレストは、乳幼児も楽しめるエリアがある
  • ファンタジーフォレストは、アトラクションタウンの恐竜ランドの近くにある
子連れハウステンボスの宿泊におすすめのホテル日航

長崎ハウステンボスの夏のガーデンプールが賑わっていますが、合わせて新施設のファンタジーフォレストにも出かけてみましょう。

長崎ハウステンボスを、子どもと楽しみたい人はチェック!

関連記事一覧